athlete yell

アスリートの競技生活をサポートする「オンライン後援会」

  • ログイン
  • 新規会員登録
  • ヘルプ
生年月日 : 1986年02月26日
身長・体重 : 150cm/47kg
出身 : 富山県
競技 : スケルトン
所属 : 長野県ボブスレー・リュージュ・スケルトン連盟
プロフィール | 戦績

ファン数:9


みきてぃ先生のスケルトン&陸上奮闘記~Road to Beijing~


活動情報

ニュース休止前のラスト滑走 2018-02-04 22:33

今シーズンを最後に、国内唯一のそり競技施設「スパイラル」が製氷を休止します。

 

今日は、ついに私の最後の滑走日でした。

 

昨日が滑走中だけ雪が降るという恨めしい1日だったのに対し、今日は晴天!!

ランナー(スキーで言うエッジ)も磨きました。

これはタイムが出るぞ、と直感的に感じました。

 

そして運命の1本目。

57秒25。今シーズンベスト。

割と大きなミスなく中盤まで行き、いつもの課題のストレートで慌てて体が少し動いてしまいました。

そこで我慢して乗っていれば、56秒台に行けた可能性大。

残念でなりません。

2本目は操作のタイミングを変えたところ、ストレートの横滑りはなくなったものの、押さえすぎて壁に当たった分タイムを落として57秒5。

 

3本目は、ずっと乗ってみたかったランナーを借りて挑戦。

ランナー一つ変えただけで、操作の具合が全然違って驚きながら滑りました。

ストレートはびっくりするくらい真っ直ぐ行き、安心して滑ることができましたが、カーブでガツ当たり。それでも57秒3。

 

56秒台に届かなかったのがものすごく悔しく、「もう1本滑らせてください」とお願いしたものの、時間切れでした。

がっかりした気持ちですが、、、

 

収穫もありました。

それは、安定して57秒台前半が出せたこと。

試したかったランナーを試して感触の違いを確かめることができたこと。

 

今シーズン、そりの扱い方が難しく、本当に苦労させられました。

昨シーズンはつきっきりで見てもらえたから尚更です。

そのなかでも、頼れる人を頼りながら自分なりに考えて出せたタイムだったのかなと思います。

 

もう国内で滑ることはできませんが、この貴重な経験や感覚を来シーズン以降に生かしていきます。

 

名残惜しすぎて、長居してしまいました。


チャレンジ・メッセージ
日本選手権優勝・北京オリンピック出場&メダル獲得
もっと見る
簡単なステップで
今すぐ支援!
※任意の金額を入力して下さい。
  • 1 回
  • 毎月
  • 1050以上の支援で

    その日のブログにお名前記載+リンク貼り付け

スポンサーメリット一覧 ≫





ご利用の皆様へ

アスリートの皆様へ

企業の皆様へ

■サポート企業様
株式会社ケイズグループ   株式会社アスリートプランニング   株式会社マルタカ・パルス   株式会社フィートインデザイン

athlete yell

Copyright (C) 2012 Athlete Yell All Rights Reserved.