athlete yell

アスリートの競技生活をサポートする「オンライン後援会」

  • ログイン
  • 新規会員登録
  • ヘルプ
生年月日 : 1984年04月05日
身長・体重 : 161cm/59kg
出身 : 神奈川県横浜市
競技 : フットバッグ
所属 : 
プロフィール | 戦績

ファン数:73


プロフットバッグプレイヤー石田太志オフィシャルブログ


活動情報

ニュース気付けばここまで広がってきた!フットバッグが手に入る新時代。 2017-02-02 17:12

フットバッグって日本では中々手に入らなかった。

以前は日本でフットバッグが手に入る環境はあまりありませんでした。

手に入ったとしてもプレーのし辛い硬い製品ばかり。

プレイヤー目線で作られていないのでプレーするには難しすぎて辞めてしまった方も多かったはず。

中身が本来は鉄の粒や砂の粒が理想なのですが、コストを抑える為か、あまり研究されていない為、プラスチックのペレットを使用したものがほとんどでした。

プラスチックだと重さが出ないため、容量を増やしてしまい中身が詰まった状態になってしまうんです。

これによって球形が保たれてしまい、足でストールする時に乗ったのにその後コロコロと転がってしまったりします。

これでは難しすぎて全くモチベーションが上がりません。

続けるには「やった!!」が必要。

僕ももしこのやりづらいフットバッグを使って始めていたら辞めてしまっていただろうなと思います。

僕は最初から使いやすいフットバッグを使用していたのでここまで続けることができました。

やっぱり成功して「やった!」という感情を感じられることが何事も大事です。

するとどんどん好きになっていきます。

うまくいかない時があっても成功している時の感情を目指したくなるしその素晴らしさを知っているから頑張れます。

フットバッグを始めてもらうには使いやすいフットバッグが必要。

まずは使いやすいフットバッグが手入る環境を作らないと!

と思い、フットバッグを企画し、生産を始めました。

トッププレイヤーが使っているようなフットバッグは5000円程してしまいます。

それじゃあ始めないですよね笑

僕も初めから5000円だったら始めてなかったと思います。

当時はムラサキスポーツに販売されていてそこでは1500円でした。

大学1年生だった僕はその価格でも悩みましたが購入しました。

この価格が一番良いバランスな気がしています。

安すぎると気張らないので辞めちゃうかもしれないですが、この価格帯だと「せっかく買ったし」となりそうです。

そうした想いもあり、少しでも使いやすくて安価に抑えたいと改良を繰り返し今のフットバッグTAISHI ISHIDAモデルが出来上がっています。

色々なスポーツトレーニングにも効果あり。

こうした活動を通して段々とデータが現れてきました。

空手ではフットバッグとコラボした体幹トレーニングのDVDが出たり、サッカーをやっている子は初めはサッカーボールで3回しかできなかったのに3年フットバッグを練習してもらっていたら1000回を超えたとのこと。

野球界でもJR東日本の公式野球部にトレーニングに使用してもらったこともあります。

全国に展開しています!

自分が開店したオンラインショップを初め、おかげさまで展開店舗も現在全国40店舗まで広がりを見せています。

もし下記のお店に立ち寄る機会があればぜひご覧になってみてください!

そしてフットバッグはとても楽しいのでやってみてください!

■展開店舗

【FOOTBAG MANIA】

http://footbagmania.com

SOCCER SHOP KAMO / サッカーショップ加茂】
札幌パルコ店
仙台パルコ店
柏店
池袋店
新宿店
原宿店
渋谷店
港北サウスウッド店
横浜ビブレ店
静岡パルコ店
新潟・ビルボードプレイス店
金沢フォーラス店
名古屋店
京都店
千里店
梅田店
心斎橋店
あべのHoop店
神戸トアロード店
広島パルコ店
高松・丸亀町グリーン店
福岡パルコ店

GALLERY2
渋谷店
新宿アドホック店
立川店
吉祥寺店
港北店
町田店
港南台テスコ店

フタバスポーツ
朝霞本店
大宮店

岸和田スポーツ
泉佐野店

モリヤマスポーツ
吹田店

ユーロスポーツ
味の素スタジアム店

サッカーマーケット / SOCCER MARKET】
前橋本店

フットサルショップRODA
新横浜店
川崎店

フットサルショップLENDA

フットサルショップ Querelga
※現在完売している店舗もあります。

一番初めの展開店舗はフットサルショップRODAさんでした。

その後、サッカーショップKAMOさんとご縁を頂き、全国展開が可能となりました。

こんな素敵なPOPも作ってもらったり。

2回ほどサッカーショップKAMOさんが発行している「サッカーショップKAMOキットカタログ」にも登場させてもらいました。

もちろんパフォーマンスなどのイベント時には出店ブースを出すこともあります。

あとはFOOTBAG MANIAではネックレスなどのアクセサリーも展開。

フットサル大会の景品になったこともありました。

これでもまだまだまだまだまだフットバッグを目にする機会は少ないと思うので今後も多くの店舗で展開できるようにそしてみんながフットバッグを楽しんでもらえるように頑張りたいと思います!


チャレンジ・メッセージ
フットバッグというスポーツを日本全国、そして世界に広めていきたい!
もっと見る
簡単なステップで
今すぐ支援!
※任意の金額を入力して下さい。
  • 1 回
  • 毎月
  • 1050以上の支援で

    御礼メール

スポンサーメリット一覧 ≫





ご利用の皆様へ

アスリートの皆様へ

企業の皆様へ

■サポート企業様
株式会社アスリートプランニング   株式会社マルタカ・パルス   一般社団法人 疲労回復協会   株式会社フィートインデザイン

athlete yell

Copyright (C) 2012 Athlete Yell All Rights Reserved.