athlete yell

アスリートの競技生活をサポートする「オンライン後援会」

  • ログイン
  • 新規会員登録
  • ヘルプ
  • HOME
  • アスリートエールとは
  • 応援する
  • アスリート一覧
  • アスリートカレンダー
  • 登録アスリート募集
  • 法人会員
  • 推薦メッセージ

ラート・松浦佑希
前人未到のラート世界戦・女子総合優勝への道
母に捧げる2016世界選手権・金メダル獲得を支援!

ホーム 活動情報 協賛者 コメント

プロジェクトについて




ラート全日本チャンピオン(2012~4連覇)=松浦佑希は国内敵無し。
精神・生活・競技の全てを支えてくれた親愛なる母に感謝し、
自分の手で世界を掴み取り、メダルを母に届けたい!
既に世界チャンピオンを獲るポテンシャルがあるものの、
協賛企業・補助金・賞金が無い中で、
母を頼らずに自分で競技資金を調達しなくてはならない。
この独り立ちに向けた小口ミニスポンサーを募集致します。




3歳~高校3年まで体操競技でTOPを狙っていましたが、怪我に泣き、中々開花せず。
大学受験時にラートに出会い、筑波大学・体操部に入学と同時にラート部へ(2011年)。
過去の体操経験が活きて、大学1年で全日本選手権4位、以降は全日本4連覇中で、
国内女子に敵無しというポジションを築く事ができました。ラートこそ私にとって天職。

この位置まで来れたのは、母の存在が大きく、私にとって最大のメンターです。
2014全日本選手権、体調が優れなかった為、「無難に優勝」する形となりました・・・
メンターの母の眼はごまかせませんでした、
「守りに入って攻めていないじゃないの!」と酷く叱られた事があります。
周りの皆が気付かない事でも、母だけには全て見透かされてしまう。
この時の叱りに大きなショックを受けましたが、これが「人生の転機」となりました。
競技以外の何事でも、守りに入ってはダメ、常に前を見て攻め続ける人生にしないと。
その時に様々な事を見つめ直し、全ての気持ちを入れ替える事になりました。
私に「気付き」を与えてくれて、思考と意識を修正してくれた母に深く感謝しています。
(コーチや仲間達からも大きな援護を頂いているので、当然、皆様にも感謝)

御蔭様で、2015全日本選手権は攻めに攻めて優勝(4連覇目)する事ができましたし、
学業でも負けまいと、卒業論文で最優秀賞を得て、文武両立を証明できました。
ラートでは、世界タイトルを獲る実感を得たのもこの時です。
今後は、世界に照準を合わせて、狙うからには1番上、「世界一」を掴みに行きます!

▼▼▼
しかし、大きな課題にぶつかっているのも現実です。
現在、大学院2年で競技活動を維持する為の競技資金に、大きく苦戦しています。
母子家庭の為、これ以上、競技資金を母に負担させたくない想いが強く、
返済型奨学金とバイト収入で日常生活と競技生活をギリギリで暮らし、
家賃1万・食費抑え・体調管理無し、といった支出カット生活を続けています。
これでは、実力があるにも関わらず、競技資金不足で世界を逃してしまいます・・・

ラート界は、海外遠征費の補助も賞金も無く、協賛企業もゼロの為に、
海外遠征費も100%自己負担。殆どの選手が貯金や借金で対応しています。
その中でも、特に私は資金不足に陥っており、貯金の底が見え始めた中で、
まずは6月の世界選手権開催地=USAオハイオ州に行かなくてはなりません。

世界女王の座を掴み、母にメダルを捧げ、
世界チャンピオンとしての1人の大人に自立する為にも、ラートを続ける為にも、
私をUSAオハイオ州に行かせて下さい!
そして、世界チャンピオンを勝ち取る援護をして下さい!


この挑戦に掛かる実行費(遠征費)が不十分な状況であり、
趣旨に賛同して頂ける方々に御協賛を御願い申し上げます。






競技について

多くの方が、シルクドソレイユの演目で見た事があるのではないでしょうか。
ドイツ発祥の、2本のリングを自在にコントロールする体操競技で、欧州では人気競技。
日本ではマイナーですが、キッズから高齢者まで、生涯スポーツとして着目されています。

競技は3種目を男女別・個人別に競い、総合得点で順位を決定(満点からの減点法)。
・国内大会=(毎年開催)全日本選手権(男女40選手)、全日本学生選手権(男女40選手)
・海外大会=(2年に1度)世界選手権、世界チームカップ

※種目1「直転」=2本のリングを床に接地させて、車輪のように前後に回転
※種目2「斜転」=一方のリングだけを床に接地させて、円を描きながら回転
※種目3「跳躍」=跳び上り、跳び越え、跳び下り、宙返り、等



2015 All JAPAN 斜転 松浦 佑希


2015 ALL JAPAN 直転 松浦 佑希


2015 All JAPAN 跳躍 松浦 佑希








ラートを始めて5年、全日本選手権を4連覇し、2015年は世界9位となり、
世界の頂上が見えてきました。
自分自身に高い目標を持って、有言実行で世界一を獲る挑戦が始まります。
母への感謝の意と、
これまで支えて頂いた多くの方々の応援心を背負って、大きな目標を実現する為に、
どうぞ、私に力を与えて下さい!


このプロジェクトに支援する



大会について

世界選手権は2年に一度の隔年開催で、前回(第11回)は2015年に開催された為に、
本来、第12回は2017年実施ですが、国際ラート連盟による年度ずらしによって、
第12回は2016年6月に開催されます。

■大会=Wheel Gymnastics World Championships 2016(第12回・ラート世界選手権)
■日時= 2016年6月19~26日
■場所=USAオハイオ州シンシナティ/マウント聖ジョセフ大学
■主催=国際ラート連盟( http://www.rhoenrad.com/





2015世界選手権・動画
昨年は世界9位でしたが、日本一が世界一に直結できる実感を得ました!
何としても、世界一を獲ります!




このプロジェクトに支援する



スケジュール


このプロジェクトに支援する



資金計画




返済型奨学金とバイト収入で日常生活と競技生活をギリギリで暮らしています。
家賃は1万に抑えて、食費・経費も最小限にしています。
世界クラスのアスリートになったものの、プロテイン・サプリ・有機野菜等は摂取できず、
今年からやっとコンディショニング(トレーナー・マッサージャー)を始めた状況。

ラートには賞金も無く、マイナー競技の為に企業協賛金も付かず、
協会から遠征費補助もありません。
収入源は、主に研究アシスタントによるアルバイト代と、
返還型奨学金(学費と最低限の生活費用)の一部を競技資金に回す事です。

これ以上、母に負担を掛ける事ができず、
今回の世界選手権・遠征費がどうしても不足しています。
この不足分を、趣旨に御賛同頂ける方にサポートして頂きたく、
小口協賛金(ミニスポンサー)として募らせて頂きます、宜しく御願い致します!

世界王者になる為の大きな挑戦にサポートして下さい!

このプロジェクトに支援する



協賛メリット

①■2,500円以上の御協賛
本頁サポーター一覧に御名前(ニックネーム可)掲載

②■5,000円以上の御協賛
上記①ファン・マッピング国旗に御名前(W5cm*H1cm内)掲載
(御名前を日の丸国旗に自筆し、表彰台で掲げます!)


③■10,000円以上の御協賛
上記②+限定タオルのプレゼント


④■30,000円以上の御協賛
上記③+大会記念Tシャツのプレゼント


⑤■50,000円以上の御協賛
上記④+(③を除く)シンシナティ大会現地の御土産プレゼント


※皆様の御名前を記載した国旗は、
 公式ブログ・facebook・アスリートエールにて露出します。







このプロジェクトに支援する





プロフィール



・氏名=松浦佑希(まつうらゆうき)
・所属=筑波大学体操部
・生日=1991年4月12日・東京都生まれ
・data=身長158㎝/体重53kg /血液B型
・拠点=筑波大学

3歳から高校3年生まで体操、大学入学時からラートを始める。
母との二人三脚で、精神面で助けられながらラートの国内TOP選手に。
全日本選手権を4連覇すると同時に、「世界一」を意識し始める。
これまでの母への支えへの感謝、常にサポートしてくれる関係者、
そして、ラート競技普及に向けて、世界女王の夢を現実的な目標に据え、
世界3連覇という壮大な挑戦を描く。

この挑戦は、人生で成し遂げなくてはならない自分の使命と考え、
その後は大学教師としてのセカンドキャリアを計画。

※戦績
■2015年(大学院1年/24歳)
  ・第21回全日本ラート競技選手権:個人総合優勝
  ・第11回世界ラート競技選手権:個人総合9位
■2014年(大学4年/23歳)
  ・第20回全日本ラート競技選手権:個人総合優勝
  ・第7回世界ラート競技チームカップ:団体総合優勝
  ・第10回全日本学生ラート競技選手権:個人総合優勝
■2013年(大学3年/22歳)
  ・第19回全日本ラート競技選手権:個人総合優勝
  ・第9回全日本学生ラート競技選手権:個人総合優勝
  ・第10回世界ラート競技選手権:個人総合12位
■2012年(大学2年/21歳)
  ・第18回全日本ラート競技選手権:個人総合優勝
  ・第8回全日本学生ラート競技選手権:個人総合2位
■2011年(大学1年/20歳)
  ・第17回全日本ラート競技選手権:個人総合4位
  ・第7回全日本学生ラート競技選手権:跳躍3位・直転2位




このプロジェクトに支援する



マネージャー



初めての世界選手権(2013年12位)は、出場できて嬉しかった。
2回目の世界選手権(2015年9位)は悔しい悔しい思いをした。
さあ、3回目の世界選手権。
今度は思いっきり楽しんできて下さい。
小さい頃から大好きな鳥を精一杯演じて、羽ばたいてね!

是非、皆様にも、
松浦佑希への応援と御支援を宜しく御願い致します。
競技資金は常日頃から節約している状況で、
今回は多くの方々にサポートして頂ければ幸いです。

マネージャー・松浦純子(母)





近年、ラート競技のレベルは国内外を問わず、
飛躍的に上昇しています。
世界選手権では、日本のみならず、ドイツ、オランダを
始めとした欧州からも、非常に有力な選手が輩出されており、
上位選手達が鎬を削ってメダル争いを繰り広げています。

そのような中で、全日本選手権4連覇という偉業を達成し、
世界の舞台でも、日本人女子選手のエースとして
強く期待される松浦選手への御支援をよろしくお願いします。

日本代表コーチ・宗遼平






このプロジェクトに支援する



無料でできるファン登録もお願いします!
ファン登録して頂くと、松浦佑希から配信されるメルマガやその他情報を
受け取ることができます。
ファンの数が力になります!是非、ファン登録して応援してください。
ファン登録はこちらから

ファン登録する



現在の支援総額

¥142,500

目標金額は¥400,000に設定されています。
このプロジェクトは2016/06/17までとなります。

協賛数

8人

残り

終了

このプロジェクトは終了しました。
通常の応援は下記よりお願いします。
松浦 佑希を支援する

¥2,500円支援すると

①本頁サポーター一覧に御名前(ニックネーム可)掲載

¥5,000円支援すると

②上記①+ファン・マッピング国旗に御名前(W5cm*H1cm内)掲載
(御名前を日の丸国旗に自筆し、表彰台で掲げます!)

¥10,000円支援すると

③上記②+限定タオルのプレゼント

¥30,000円支援すると

④上記③+大会記念Tシャツのプレゼント

¥50,000円支援すると

⑤上記④+(③を除く)シンシナティ大会現地の御土産プレゼント



ファン登録する

ファン登録は簡単・無料でできます。
ファン登録して頂くと、選手からのメルマガやその他
配信される情報を受け取ることができます。
ファンの数(=応援)が選手の力になります。
是非、無料のファン登録もお願いします。
※協賛金による支援を頂いた方は、
 そのままファン登録されます。



ご利用の皆様へ

アスリートの皆様へ

企業の皆様へ

■サポート企業様
株式会社アスリートプランニング   株式会社マルタカ・パルス   一般社団法人 疲労回復協会   株式会社フィートインデザイン

athlete yell

Copyright (C) 2012 Athlete Yell All Rights Reserved.