athlete yell

アスリートの競技生活をサポートする「オンライン後援会」

  • ログイン
  • 新規会員登録
  • ヘルプ

活動情報

ニュースplayoff 準々決勝 2015-04-06 06:51

このラウンドも本当に色々とありました。
既に今までのホッケー人生の中でも一番濃いプレーオフになっています。
準々決勝の初戦はアウェーでの試合で、片道ノンストップ8時間車移動でした。。。 相手チームはフランストップリーグにも所属している選手が4人いるOrcieresというチームで、とてもハードな試合内容でした。
結果は3−2で敗れてしまい、ホーム&アウェイ方式のこのトーナメントではこれで後がなくなってしまいました。
この負けてしまった試合でも、色々ありまして。。。
一番自分に関係していて大きい問題だったのは、8時間かけて応援に来てくれた応援団が相手チームの応援団と一悶着あり、相手の応援団が自分をバカにしているのが腹に立ったようで。。。「肋骨2本も折れてるのにこんなにも凄いプレーしてるじゃない」と相手に塩を送る返し文句を言ってしまいまして。。。。これを聞いた時は、「あー。次の試合俺狙われるんだな。。。」と覚悟しました。 

こんな状況で臨んだホームでの2戦目。
出だしから予想した通り散々狙われて自分にとってはとても辛い試合になりました。しかし、チームメイト達がその度にやり返しに行ってくれたり、助けてくれたりして、気づいたら1ピリ終了前には雑念が無くなる位まで試合に集中出来ていたと思います。
そして、2点差以上で勝たなければいけない条件の中3−1で勝利する事が出来ました。
自身10年ぶりになる決勝進出です。
実際のところ準々決勝で勝利した4チームで総当たりのリーグ戦をするのですが、一応決勝扱いになっていまして。。。
正直なところ、この試合が始まる前に勝つ予感はしていました。
何故かというと、チームのキャプテンの奥さんが妊娠していたのですが、出産日3週間前なのにも関わらず産気付いてしまい、緊急入院からの出産。キャプテンも奥さんが初産+緊急出産という事でつきっきりで、どんなに順調に行っても試合にギリギリ間に合わないという状況だったんです。
しかし、練習中に相手側サイドでゴール裏のガラスが破損し修理作業で試合開始が遅延され、キャプテンが試合開始ギリギリに間に合ったのです。
キャプテンの奥さんも娘さんも共に無事だったとの事で、これはきっと勝つ運命なんだろうな。とその時に一人で確信していました。
勝てて本当に良かったですが。。。

決勝は17、18、19日の3日間で行われて、今年はDiv2のチームが1チーム分多く空きが出来てしまったようで、上位3チームがDiv2に昇格出来ます。
もうここまで来たら何が何でも昇格します。

チャレンジ・メッセージ
他人に決められた限界は本当の限界ではないという事を証明したい。
もっと見る
簡単なステップで
今すぐ支援!
※任意の金額を入力して下さい。
  • 1 回
  • 毎月
  • 10500以上の支援で

    スポンサー名を防具に付けさせて頂きます。

  • 21000以上の支援で

    チームジャージを作成し送らせて頂きます。

スポンサーメリット一覧 ≫





ご利用の皆様へ

アスリートの皆様へ

企業の皆様へ

■サポート企業様
株式会社ケイズグループ   株式会社アスリートプランニング   株式会社マルタカ・パルス   株式会社フィートインデザイン

athlete yell

Copyright (C) 2012 Athlete Yell All Rights Reserved.