athlete yell

アスリートの競技生活をサポートする「オンライン後援会」

  • ログイン
  • 新規会員登録
  • ヘルプ
生年月日 : 2005年02月22日
身長・体重 : 150cm/43kg
出身 : 福岡県北九州市
競技 : カートレース
所属 : KartSport Bravo
プロフィール | 戦績

ファン数:38



活動情報

ニュース鈴鹿選手権 第6戦 2018-10-14 21:28

カートレース in SUZUKA Rd.6 レース結果報告

TT:16位/23台(Aグループ)
予選:14位/23台(Aグループ)
決勝:22位/46台(総合)

TT 路面がハーフウェットだった為レインタイヤで走行をしました。 スリップを使って走行しようと、速い人の後ろに着いて走行したものの、一周目の最終コーナー手前でコースアウトをしてしまい、後ろからきたカートの後ろについて行くも、焦ってしまいコーナーの車速がオーバースピードのまんま入って行ったりしてしまったため、タイムトライアルが始まる時にはタイヤがダレてしまい、タイムが思うように出せずに16位となりました。

予選 スタートで何かしらのクラッシュが起こるだろうと思い、スタートはとても慎重に行きました。 1コーナー入る時では後ろから押され前はコーナーに入るために減速をしていて少し宙に浮いた状態になっていてブレーキを踏んでもそのまま前にカートが進むという状態の中右を向いても左向いてもスピンをしているカートがいてヒヤヒヤしましたが何とかスタートを失敗せずに成功させる事ができました。 その後は抜きつ抜かれつのバトルをし、途中集団の先頭にたつも抜かれてしまい14位でゴールしました

決勝 スタートは予選のような事が起きる前提で踏ん張りましたが、2コーナーに入る前に左でスピンしたカートに少し接触してしまい、アウト側に行ってしまいその時に2台程に入られ次のコーナーで抜こうとするも前のカート全員イン側に寄っていて抜き返せませんでした。 それからバトルをし、集団の先頭にたつも、体力もバトル力も無くみるみる落ちていく一方でしたが、最後の方に調子が戻ってきて最後の周にやっとの思いで抜き、抜かれないように走りそのままチェッカーフラッグが振られ22位という結果で終わりました。

今回の結果を通じて自分の実力がわかったような気がしました。

九州ではあまりバトルの練習をしてこなかった為金曜日から集団の中に入ってバトルの練習をしましたが今回のレースを通じてバトル力の無さを改めて痛感しました。 まだ改善しなくてはいけない課題点ばかりなのできちんと次のレースまでに1個1個改善し、今回よりももっといい結果を残せるように努力するので次回も応援宜しくお願いします。

チャレンジ・メッセージ
2019 全レース入賞 表彰台
もっと見る
簡単なステップで
今すぐ支援!
※任意の金額を入力して下さい。
  • 1 回
  • 毎月
  • 10500以上の支援で

    Athlete Yell 上にお名前またはニックネーム記載

    31500以上の支援で

    Athlete Yell 上にお名前またはニックネーム記載 毎年末にカレンダー送付

    52500以上の支援で

    上記メリットの他に雅姫から季節のご挨拶があります!

    105000以上の支援で

    雅姫のチームスタッフとしてレース体験が出来ます!

スポンサーメリット一覧 ≫





ご利用の皆様へ

アスリートの皆様へ

企業の皆様へ

■サポート企業様
株式会社ケイズグループ   株式会社アスリートプランニング   株式会社マルタカ・パルス   株式会社フィートインデザイン

athlete yell

Copyright (C) 2012 Athlete Yell All Rights Reserved.