athlete yell

アスリートの競技生活をサポートする「オンライン後援会」

  • ログイン
  • 新規会員登録
  • ヘルプ

活動情報

ニュース2018MFJカップJP250 第4戦 筑波ラウンド 2018-07-08 11:33

2018年6月30日(土)・7月1日(日)
エントリー台数 30台

予選  8番手/10番手

決勝  レース1  4位 (NATクラス 1位)

     レース2  転倒リタイヤ

前戦の菅生でマシン、自分自身共に良いフィーリングを掴み、事前テストでも調子は悪くなかったので今回の筑波はいつも以上に楽しみでした!


ウィーク中は真夏日の暑さと同時に、走りにも影響が出るくらいの台風並みの強風も続き、金曜日の練習走行1本目、その風に煽られ最終コーナーでハイサイド転倒(>_<)

体は無傷でしたが、マシンはかなりのダメージを負ってしまいました...(ノ_・。)

2本目までになんとか走れる状態に直してもらいましたが、走ってみるとフロントのねじれが気になり、数周したところでクラッチが効きっぱなしの状態になってしまいそのまま終了。その夜、室井代表が一度チームガレージまで戻り、夜中の1時までかかってマシンを修復してくれました。

 

土曜日は朝一でJP250の予選。

まずはマシンの状態を確認しながら徐々にペースを上げていきました。最終的には目標としていた1分5秒台に入れることができコースレコードを更新するも8番手タイムで予選終了。あまり良いグリッドではなかったのですが、トップとの差は今までよりも明らかに詰まっていたし、マシンもしっかり直っていたので、決勝で戦える自信はありました。

なんとこの予選、上位14台がレコード更新というw( ゚∀゚; )

 

 

土曜日のレース1。
スタートはウイリーしてしまい少し出遅れましたが、1コーナーをアウトから捲ろうと飛び込んだ瞬間、イン側で転倒したライダーにそのまま巻き込まれて転倒。

なんとか自力で復帰し、コースに戻りましたがレースは赤旗中断に。

ハンドルが曲がっていたり、ブレーキが折れていたりとまともに走れない状態になってしまいましたが、再スタートまでに急ピッチで修復してくださりなんとか間に合いました。

 

仕切り直しのレースではスタートがバッチリ決まり、すぐに4番手までポジションアップ。その後1台にパスされ5番手に。

ただ、交換してもらったハンドルバーを自分が慌てて確認したため少しズレていて、強くブレーキをかけると切れ込んでしまう状態でした。

レース中盤ではついていくのがやっとで、徐々に離されながら我慢の展開。

後続の2台のライダーにも追いつかれましたがラスト2周で再度フルプッシュ!(;・`ω・´)

良いのか悪いのか、あまりブレーキを強くかけられなかったことでタイヤの消耗は少なく、リスクはありましたが最後攻めることができ、前のライダーに追いつき最終ラップの1ヘアで1台パスして4番手に。

 

そのまま4番手をキープして裏ストを通過し、最終コーナーで1台に抜かされたところをなんとかクロスラインで差し返し、4位でチェッカーを受けましたヽ(;´ω`)ノ

今回はトップも見える位置にいたのでゴールした瞬間は悔しい思いが強かったです。

そしてピットに戻ってきて初めて自分がクラス1位だと知りました(゚∀゚ノ)ノ

素直に嬉しいという気持ちや、やっと結果に繋がってホッとした気持ちもありましたが、何よりチームスタッフ、関係者の方、応援して下さる方々が凄く喜んで迎えてくれたことがとにかく嬉しかったです...。o゚(p´⌒`q)゚o。

自分1人の力だけでは決して掴むことのできない勝利。周りの方々への感謝の気持ちでいっぱいです。

 

総合4位ではありますが、やっと勝てました(o^-')b

日曜日のレース2。

前日のレース中、何故かトップスピードがいまいち伸びない感があったのですが、赤旗前のクラッシュでラムエアダクトの配管がズレていたことがレース後にわかり、その部分も含め、マシンをしっかり修復してもらったので日曜日の朝フリーでは2番手タイムと好調!

 

更なる気合いを入れ、総合優勝を目指して臨んだレース2。

予選のセカンドタイムがレース2のグリッドになるので前日より2つ下がって10番グリッドからのスタート。

この日もスタートはバッチリ決まり、1コーナーを捲りまくって1ヘアに3番手で進入!!

と、ここまでは上出来だったのですが、気合いが空回りし、バンクしたままアクセルを開けるのが早すぎてまたしてもハイサイド転倒...

この私のミスで招いた転倒により多くのライダーの方々を巻き込んでしまい本当に申し訳ありませんでした。

幸い大きな怪我をされたライダーさんがいなかったことが救いですが、特にマシンや体にダメージを受け、その後レースに出られなかったライダーの方、チームの皆様、本当に申し訳ありませんでした。

また、赤旗中断でレース進行にも影響を与えてしまったことを重ねてお詫び致します。

私は転倒後に数台にひかれ頭を強く打ったようでドクターストップ。マシンも大破させてしまいました(ノ_-。)

すぐに病院で精密検査を受けましたが問題はなく、とにかく安静にとのことでした。

ご心配をおかけしてしまい申し訳ありませんでした。

 

多くの方々からのお声かけやお見舞いのメッセージには心から感謝しています。

今回の筑波ラウンド。

色々なことがありすぎました...

 

何度も転倒しそのたびに完璧にマシンを修復してくださったチームには本当に感謝していますm(_ _ )m

最後も壊して終わってしまって申し訳ありません...(T_T)

でもこの筑波で、トップと戦える自信と手応えをしっかり掴むことができたことは大きな収穫で、後半戦に向けて更にパワーアップできるようしっかり準備していきたいと思います。

 

次戦はいよいよST600で鈴鹿4時間耐久です!!!

昨年以上の走りができるよう、気合い入れて頑張ります!(。+・`ω・´)

 

今回もたくさんのご支援ご協力、本当に感謝しています。

 

ありがとうございましたm(_ _ )m


チャレンジ・メッセージ
簡単なステップで
今すぐ支援!
※任意の金額を入力して下さい。
  • 1 回
  • 毎月
  • 3150以上の支援で

    感謝メッセージの送付

  • 10500以上の支援で

    お名前、または企業様ロゴをレース車両に貼示させていただきます。(1レース)

  • 105000以上の支援で

    お名前、または企業様ロゴをレース車両に貼示させていただきます。(1シーズン)

スポンサーメリット一覧 ≫





ご利用の皆様へ

アスリートの皆様へ

企業の皆様へ

■サポート企業様
株式会社ケイズグループ   株式会社アスリートプランニング   株式会社マルタカ・パルス   株式会社フィートインデザイン

athlete yell

Copyright (C) 2012 Athlete Yell All Rights Reserved.