athlete yell

アスリートの競技生活をサポートする「オンライン後援会」

  • ログイン
  • 新規会員登録
  • ヘルプ
  • HOME
  • アスリートエールとは
  • 応援する
  • アスリート一覧
  • アスリートカレンダー
  • 登録アスリート募集
  • 法人会員
  • 推薦メッセージ

TOP Result News


フリーダイビング女子日本代表 世界選手権銀メダル獲得 報告会

フリーダイビング女子日本代表(世界選手権銀メダル)

2014年10月7日、四ツ谷にて、フリーダイビング日本代表・女子の、
世界選手権・団体戦・銀メダル獲得の記者会見が開催されて、
アスリートエールも一メディアとして参加させて頂きました。

フリーダイビング日本代表・女子は、以下のように、4大会連続で
メダルを獲得しており、特に欧州メディアに高く評価されています。

・2008年=エジプト団体戦=銅メダル
・2010年=沖縄団体戦=金メダル
・2012年=フランス団体戦=金メダル
・2014年=イタリア団体戦=銀メダル

今回の記者会見では、多くの国内メディアが集まり、競技人口300人の
マイナー競技と言えども、少しづつ社会認知が高まってきています。
皆さん、是非、注目してみて下さい。

詳細は、https://www.facebook.com/ningyojapan


・女子チーム=岡本美鈴:http://www.athleteyell.jp/hirai_misuzu/
       廣瀬花子:http://www.athleteyell.jp/hirose_hanako/
       福田朋夏
・監督&コーチ=松元恵/山本哲也/永井実子

 
 
 
 
 




小松正治 カヌー

小松正治(銅メダル)

大会情報

・大会名=アジア競技大会( 17th Asian Games Incheon 2014)
・主催=アジアオリンピック評議会(OCA)
・日時=2014年9月27日~29日
・場所=大韓民国・仁川
・結果=200m K-1 3位(銅メダル)
・大会サイト: http://www.incheon2014ag.org

選手コメント

アジアのオリンピックと言われる、このアジア競技大会で、
3位という結果で銅メダルを手にする事が出来ました。
これも、多くの方々の応援と御支援のお陰です、有難うございます!

ずっと金メダルを目指して練習してきたので、少し悔しい思いもありますが、
最低限、メダルを取りましたので、今はホッとしているのが本音です。

応援して下さった全ての人に感謝します!
皆様の応援を、有難うございました。
2016リオ五輪、2020東京五輪に向けて、精進させて頂きます!

2014.9.29/カヌー・小松正治





岡本 美鈴・廣瀬 花子 フリーダイビング

岡本美鈴・廣瀬花子(フリーダイビング)銀メダル

大会情報

・大会名=AIDA Team World Championship 2014(フリーダイビング世界選手権・団体戦)
・主催=Blue World Apnea School(後援:AIDA イタリア)
・日時=2014年9月16~27日
・場所=イタリア・サルディーニャ島
・結果=日本代表・女子:2位(銀メダル)
・主催者サイト: http://www.aidainternational.org/
・大会サイト: http://www.blueworldchamp.it/
・日本代表サイト: https://www.facebook.com/ningyojapan

選手コメント①<岡本美鈴>

日本代表・女子の3連覇を食い止めようとするロシアの猛攻に銀メダルとなりましたが、
絶対女王に成る為 の課題やVisionが明確に成りましたので、
次回の団体戦では必ずそれが活かせると思います。
応援者・支援者の方々に感謝致します、有難うございました。
2015年の世界選手権・個人戦では、TOPを狙って究極の世界に挑戦しますので、
今後も、皆様の応援を宜しく御願い致します!

2014.9.28/フリーダイビング・岡本美鈴

選手コメント②<廣瀬花子>

3連覇を狙っていた為に悔しい想いもありますが、銀メダルを取れた事で、
日本の強さと、私達のチームワークを世界に示す事ができたと思います。
監督・コーチは勿論、多くの方々に応援と支援を頂きました、本当にありがとうございました。
まだまだ日本代表・女子チーム“人魚Japan”は成長します。
今後共、皆さん宜しく御願いします。

2014.9.28/フリーダイビング・廣瀬花子





LittleTiger ムエタイ

LittleTIger(ムエタイ)王座防衛

大会情報

・大会名=M-FIGHT 「SUK WEERASAKRECK VII」
・主催=WEERASAKRECKジム
・日時=2014年9月21日(日)
・場所=ディファ有明
・結果=WPMF ピン級・世界タイトルマッチ
    ○LittleTIger(日本/チャンピオン)
    vs
    ×ペッタンヤー・モークルンテープトンブリー(タイ/挑戦者)
    
    2分5R肘ありルール
    →4R TKO(相手セコンドがタオル投入)で、WPMF ピン級王座をLittleTIgerが防衛
・関連サイト: http://www.boutreview.com/2/reports/mfight/140921mfight.html

選手コメント

4R TKO勝ちで、王座を防衛する事が出来ました。
これも日頃からの皆様の応援のお陰です。
これからも華麗なムエタイを観て頂く為に、
更に上を目指して鍛練に励んで参りますので、
今後ともLittleTigerを宜しくお願い致します。

2014.9.21/ムエタイ・LittleTIger





外村 哲也 トランポリン

外村哲也(トランポリン)世界2位

大会情報

・大会名=トランポリン World Cup 2014 Belarus(ワールドカップ・ベラルーシ大会)
・主催=Fédération Internationale de Gymnastique(国際体操連盟)
・日時=2014年9月12、13日
・場所=ベラルーシ共和国・ミンスク市
・結果=個人種目2位
・主催者サイト: https://www.fig-gymnastics..com/site/page/view?id=269
・LOCサイト: http://www.bga.by/
・日本体操協会サイト: http://www.jpn-gym.or.jp/trampoline/ワールドカップ-2014-ベラルーシ大会-現地レポート-個

選手コメント

いつも応援していただきありがとうございます。

今回このような成績を収めることができたのも、
日頃から競技環境の向上にご協力くださる、
外村を応援して下さる全ての方のお陰だと大変感謝しています!

この世界2位という成績は、今の自分にとっては嬉しいものです。
しかし、徐々に競技環境が整いつつあるので、
次回の試合ではよりいいパフォーマンス、より上の成績を目指して
これからも頑張っていきたいと思っています。

きっと世界2位では悔しいと思う自分が来年にはいるはずです。
そんな自分に進化するために
これからもぜひご支援・ご声援を外村哲也によろしくお願いします。

2014.9.13/トランポリン・外村哲也





鈴木 文子 ウインドサーフィン

鈴木文子(ウインドサーフィン)8位

大会情報

・大会名=PEGASUS Airlines ALACATI PWA World Cup 2014(W杯・第2戦)
・主催=PWA(プロフェッショナル・ウィンドサーファー・アソシエーション)
・日時=2014年8月26~31日
・場所=Turkey / Alacati
・結果=スラローム女子8位入賞(世界ランキング7位にアップ)
・大会サイト: http://www.pwaworldtour.com/index.php?id=920

選手コメント

W杯・第2戦は、前半は4位だったのですが、後半にミスを生み、8位まで落としてしました。
正直、今回は良いスタートを切ろうと攻め過ぎてしまって、
予選からリコール(フライング失格)を2回起こして決勝に残れなかったり、ジャイブでの接触も多く、
今までのレースの中で一番ミスの多いレースとなりました。

ただ、今回は昨年からの課題の“スピード”が改善されました。
今回の大会中のスピードチャレンジでは、優勝選手サラキタに次いで2番でスピードでした。
(女子の一番の最高スピードは61km/hで、私が59km/hでした)

今回も多くの応援と支援をありがとうございました。
今大会の動画も沢山ありますので、是非、世界最高峰のウィンドサーフィンを御覧下さい!

又、来月はW杯・第3戦のフランスへ行きます。
W杯・初戦は世界ランク11位から始まりましたが、今回で7位に上がる事が出来ました。
残りは2戦です(W杯・女性スラローム競技は年間・全4戦)。
世界一目指して頑張りますので、どうぞ応援と御支援を宜しくお願いいたします。

2014.8.31/ウインドサーフィン・鈴木文子





高橋 友美 ビーチテニス

高橋友美(ビーチテニス)ベスト4

大会情報

・大会名=New York G1 Summer Slam
・主催=United States Tennis Association
・日時=2014年8月21~24日
・場所=USA、NewYork、Long Beach
・結果=Best4
・大会サイト: http://www.beachtennisusa.net/

選手コメント

NYで開催されたG1トーナメント。海外の強豪選手が集まる中、Best4に入ることができました。
ペアはアメリカのMarisa Mora選手。彼女とは昨年タイでペアを組み、今回は二度目の挑戦でした。
SFではイタリア・ドイツのSimona Maraikeペアに負けてしまいましたが、内容はとても良いプレーができました。
もう一歩!
応援して頂いた皆様に心より感謝申し上げます。Forza Tomomi

2014.8.24/ビーチテニス・高橋友美



========================================================

大会情報

・大会名=7th Annual ITF Bermuda Beach Tennis
・主催=Bermuda Lawn Tennis Association
・日時=2014年8月26~27日
・場所=Bermuda、Horseshoe Bay Beach→ハリケーンの為にLong Beach
・結果=Best8
・大会サイト: http://www.bermudabeachtennis.com/

選手コメント

バミューダで開催されるはずのトーナメントが、残念ながらハリケーンの為に中止。
しかし、前のNYのトーナメントと同じ所で開催決定・・・・・こんなケースは初めてです。
結果はBest8。
QFでアメリカナンバー1チーム、NadiaとNicoleに35 76 46で白熱した試合でしたが負けてしまいました。
すごく悔しくてたまりません。もうひと息踏ん張らないと…。応援して頂いた皆様ありがとうございました。

2014.8.27/ビーチテニス・高橋友美



========================================================

大会情報

・大会名=Puerto Rico Beach Tennis Championship
・主催=Asociacion de Tenis de Puerto Rico
・日時=2014年8月29~31日
・場所=Puerto Rico 、Courtyard by Marriott Isla Verde
・結果=Best4
・大会サイト: http://sjcourtyard.com/

選手コメント

トライアングルトーナメント最終戦はプエルトリコ。結果はBest4。
10日間で3大会をペアのMarisaと一緒に戦いとても貴重な経験になりました。
決勝には進むことができませんでしたが、世界を舞台におもいっきり自分を出し切ってきました。
自分のプレーの良さや、また足りない所も見つけ新たに進化し続けたいと思います。
挑戦あるのみ‼︎ここに来ることができ、周りの皆様には本当に本当に感謝してます。
応援ありがとうございました。引き続き、進化した高橋友美を見て下さい。
これからも、これらの経験を活かし挑戦していきます。応援よろしくお願いします。

2014.8.31/ビーチテニス・高橋友美





藤田 雄大 熱気球

藤田雄大(熱気球)世界選手権優勝

大会情報

・大会名=21st World Hot Air Balloon Championship
・主催=Brazilian hot air balloon confederation (CBB) FAI公認大会
・日時=2014年7月18~26日
・場所=Rio Claro Brazil
・結果=優勝

・大会サイト: http://www.balloonworlds2014.com/

選手コメント

熱気球の競技では最高峰の今大会において、
世界選手権優勝経験を持つパイロットが複数参加する中、
日本人初の悲願の金メダル獲得を成し遂げました。

次回世界選手権は2016年、佐賀で開催されます。
連覇、自国での優勝を目指し、
また、気球競技の益々の発展のために貢献していきたいと考えています。

皆様からの応援を有難うございました。

2014.7.27/熱気球・藤田 雄大





Little Tiger ムエタイ

Little Tiger(ムエタイ)世界タイトル6冠

大会情報

・大会名=SUEK FAIRTEX WBC MUAYTHAI
・主催=WEERASAKRECK FAIRTEX
・日時=2014年7月26日
・場所=BOXING WORLD PATTAYA STADIUM
・結果=WBC MUAYTHAI 世界タイトルマッチ(102ポンド暫定王座)2分5R
    ○Little Tiger(ウィラサクレック・フェアテックス/WPMF世界ピン級王者)
      判定2-0(1人ドロー)
    ●FAACHEANGRAI S.SAKONTHON(タイ)
    ※Little Tigerが暫定世界王者に就く

・関連サイト: http://www.wbcmuaythai.com/

選手コメント

タイ遠征完結。
皆様からの沢山のサポートのお陰で、WBC MUAYTHAI の暫定世界王者を獲りました。
今回の勝利は自分の中でもとても大きな勝ちとなり、今回ここに辿り着くまでに色々とありましたが、
最後には皆様を笑顔にする事が出来本当に良かったです。
ムエタイの本場タイでも、日本人のムエタイの強さを見せつけられたと思います。
日頃からLittleTigerを支えて下さる皆様に、本当に心から感謝しております。
これからも臆することなく鍛練に励んで参りますので、
今後ともLittleTigerを宜しくお願い致します。
全ての皆様にありがとうと感謝の心を。

2014.7.26/ムエタイ・Little Tiger





高橋 友美 ビーチテニス

世界7位・高橋友美(ビーチテニス)

大会情報

・大会名=2014 ITF Beach Tennis World Team Championship
・主催=ITF(国際テニス連盟)
・日時=2014年7月17~20日
・場所=ロシア・モスクワ
・結果=7位(1R BYE、2Rエストニア、QFドイツ、順位戦スペイン、7・8位決定戦ポルトガル)

・関連サイト: http://www.itftennis.com/beachtennis/championships/world-team/2014.aspx

選手コメント

ビーチテニス最高峰の大会、モスクワで開催されたワールドチームチャンピオンシップ。
日本代表として出場してきました。メンバーは4名。
結果は、24カ国中7位でした。ドイツとの準々決勝が悔やまれます。
大きなプレッシャーの中、精一杯闘いましたが、このような結果に終わってしまいました。
まだまだ、発展途上の日本ですが、
この世界の壁を乗り越える一歩手前まで来ている事を身体全体で感じています。
今回もこの様な素晴らしい舞台でプレーできたこととても嬉しく思ってます。

また、皆様からは気持ちのこもったご声援を頂き感謝してます。
結果は7位でしたが、沢山の経験をさせていただきました。
今後もっと日本が勝ち上がる為にも反省も含めしっかりこの経験を活かしていきたいと思います。
大会主催者のITF様ありがとうございました。
そしてチームの皆様、応援して頂きました皆様、日本テニス協会様、日本ビーチテニス連盟様、
クイックサンド様、ガッキー先生、高田眼科様、松葉治療院堀田先生、アスリートエール様、
東京支部の皆様、神奈川県支部の皆様、静岡県支部の皆様、ビボーンテニスクラブの皆様、
そして家族の皆様本当にありがとうございました。

2014.7.21/ビーチテニス・高橋 友美





礒本 容子 ハンググライダー

世界選手権優勝・礒本容子(ハンググライダー)

大会情報

・大会名=13th FAI Women's World Hang Gliding Class 1 Championship
・主催=FFVL(Federation Francaise de Vol Libre)  ※FAI公認大会
・日時=2014年6月21日~7月5日 (競技日6月24日~7月4日)
・場所=France : Annecy
・結果=優勝

・関連サイト: http://dca.ffvl.fr/hg2014/index.php/en/
・関連サイト: http://www.fai.org/hang-gliding-and-paragliding
・関連サイト: http://www.xcmag.com/
・関連サイト: http://www.xcmag.com/2014/07/annecy-mondial-2014-final-results/
・関連サイト: http://jhf.hangpara.or.jp/
・関連サイト: http://jhf.hangpara.or.jp/support/info/2014/20140722.html

選手コメント

ハンググライディング競技にはオリンピックが無い為、今大会が世界最高峰の舞台となります。
本大会において、日本人初の優勝を遂げ金メダルを獲得しました。
又、日本チームとしても団体優勝をし、こちらでも金メダルを獲得致しました。
どちらも日本ハンググライディング史上初の快挙です。
10年間連覇を重ね女王の座に君臨してきたコリーナ選手や、
地元フランスの選手を抑えての優勝は快挙と言うに相応しい賞だと思います。

これからも更なる高みを目指し取り組んでいきたいと思いますので、応援宜しくお願い致します。
又、これを機に、ハンググライダーの世界に新たな風が吹く事を望みます。

2014.7.5/ハンググライダー・礒本 容子





黒木優子 ボクシング

黒木優子(ボクシング)WBC女子世界ミニフライ級チャンピオン

大会情報

・大会名=TO THE FUTURE VOL.17~未来へ~W女子世界タイトルマッチ
・主催=FUTUREジム
・日時=2014年5月17日・14時ゴング
・場所=アゼリア大正ホール
・結果=WBC女子世界ミニフライ級王座戦
    王者・安藤麻里(26)フュチュール vs 挑戦者・同級9位黒木優子(23)Yuko
    判定3-0で、黒木優子がWBC女子世界ミニフライ級チャンピオン(47.62kg)に。

・大会サイト: http://wbcboxing.com/NEWFEMALE/index.php/champions
・関連サイト: http://www.fightnews.com/Boxing/ikeyama-kuroki-win-wbo-102lb-wbc-105lb-female-belts-246236
・関連サイト: http://www.fightnews.com/Boxing/ando-to-defend-wbc-105lb-belt-against-kuroki-ikeyama-pagaduan-to-dispute-vacant-wbo-102lb-best-tomorrow-245975

選手コメント

皆様の応援のお陰で世界チャンピオンになることができました!
10R戦いまして、判定で勝ちました。
10ラウンドを冷静に戦うことができたことが勝因だと思います。
次は11月1日に、アクロス福岡にて初防衛戦があります。
もっと強くなった私をお見せすることができるよう、
これからも頑張っていきますので是非これからも応援よろしくお願いします!!

2014.5.17/女子ボクシング・黒木優子





高橋靖彦 ラート

高橋靖彦(ラート)世界選手権優勝

大会情報

・大会名=第7回世界チームカップラート競技選手権大会
・主催=世界ラート連盟(International Rhoenrad Verband)
・日時=2014年4月26日
・場所=ドイツ・ベルリン Tenpodrom
・結果=優勝(ドイツ以外で初)

・主催者サイト: http://rhoenrad.com
・日本ラート協会: http://www.rhoenrad.jp/ri_benrato_xie_hui/home.html

選手コメント

昨年、個人で世界一を獲得したものの、団体戦ではドイツとの壁を感じておりました。

今大会で優勝するために、直転、斜転、跳躍の
全ての種目を担う決心をして臨んだ大会でした。
チームカップにおいて3種目を演技した選手は過去に見当たりません。
それ程難しいことは承知の上でした。
肉体的にも、精神的にも苦しい時期はありましたが、サポートして下さる方々を思い出し、
「絶対に勝つ」という気持ちを込めて演技しました。

最終ラウンドは最大のライバルであるドイツの女子世界チャンピオンとの争いでしたが、

世界選手権のリベンジできたのは、応援の力があったお陰です。
これからは、個人・団体の世界一という称号に相応しい選手を目指すと共に、
魅力的なラートというスポーツを多くの方に体感していただけるように活動を継続して参ります。
今後ともご注目の程よろしくお願い致します。

2014.4.26/ラート・高橋靖彦





堀口文 ラート

堀口文(ラート)世界選手権優勝

大会情報

・大会名=第7回世界チームカップラート競技選手権大会
・主催=世界ラート連盟(International Rhoenrad Verband)
・日時=2014年4月26日
・場所=ドイツ・ベルリン Tenpodrom
・結果=優勝(ドイツ以外で初)

・主催者サイト: http://rhoenrad.com
・日本ラート協会: http://www.rhoenrad.jp/ri_benrato_xie_hui/home.html

選手コメント

ついに世界大会で金メダルを頂くことができました!
前回の世界選手権の団体戦では、常勝ドイツにあと0.2点まで迫りましたが、
銀メダルに終わり悔しい思いをしました。
今回、その雪辱を果たす事ができ、とても嬉しく思います。
この場をお借りして応援してくださった多くの方々に感謝いたします。
ありがとうございました。

又、個人的にも会心の演技で、
日本の優勝に貢献することができたのではないかと思っております。
直転種目で敵無しと言われていたドイツの女子選手にあと0.5点まで差を縮めることができ、
来年の世界選手権での金メダルに向けて大きな手応えを感じることができた大会となりました。
今回の経験を活かして、来年の世界選手権では、団体、個人ともに世界一を目指します。

これからも応援、ご注目の程よろしくお願いいたします。

2014.4.26/ラート・堀口文





Little Tiger ムエタイ

Little Tiger(ムエタイ)世界タイトル5冠

大会情報

・大会名=M-FIGHT SUK WEERASAKRECK V Part.2
・主催=ウィラサクレック・フェアテックス・ジム
・日時=2014年3月30日
・場所=ディファ有明
・結果=第8試合「WMC世界ピン級王座決定戦」3分5R
    ○Little Tiger(ウィラサクレック・フェアテックス/WPMF世界ピン級王者)
      TKO 2R50秒
    ●ポーゲーオ・トーニョムスッ(タイ)
    ※Little Tigerが新王座に就く

・主催者サイト: http://www.muaythai.jp/
・参考サイト: http://efight.jp/result-20140331_29600/2

選手コメント

WPMF(世界プロムエタイ連盟)ピン級に続き、WMC(世界ムエタイ評議会)ピン級タイトルを獲得し、
世界タイトル5冠を達成しました。
これも日頃からの皆様のサポートのお陰と、本当に感謝申し上げます
今後も華麗なムエタイを皆様にご披露出来ますよう、日々鍛錬に励んで参りますので
今後共、Little Tigerの応援を宜しくお願い致します。

2014.3.30/ムエタイ・Little Tiger





小原聡将 ジェットスキー

小原聡将(ジェットスキー)アジア大会完全優勝

大会情報

・大会名=PANGKOR World Jetrace Challenge(ジェットスキー・アジア大会)
・主催=Watercraft Sports Club - Malaysia
・日時=2013年11月29日~12月1日
・場所=Pantai Pasir Bogak, Pulau Pangkor, Perak, Malaysia
・結果=出場全クラス(3クラス)完全優勝
    ・Pro/ R/A 2-Stroke 800 Open:総合優勝
    ・Pro R/A 4-Stroke Stock:総合優勝
    ・Pro R/A 4-Stroke Open:総合優勝

・主催者サイト: https://www.facebook.com/WatercraftSportsClubMalaysia
・大会サイト: https://www.facebook.com/events/558504450883157/

選手コメント

前回のマレーシア・クンダン戦、そして前々回のマレーシア・クアラトレガヌ戦では、
共にマシントラブルが続いた為に、中々結果を残す事ができませんでした。
よって、今回の出場クラスの“全クラス優勝”という結果を、とても嬉しく思います。

マシントラブルが無ければ結果が残せる、、、という自信に繋がったレースでした。
今後共、応援とサポートを宜しくお願い致します!!
来年も世界に名を刻みます!

2013.12.01/ジェットスキー・小原 聡将





北沢麗奈 サーフィン

北沢麗奈(サーフィン)アジア年間チャンピオン

大会情報

・大会名=Taitung Taiwan Open of Surfing
・主催=Asian Surfing Championships (ASC)
・日時=2013年11月15日~17日
・場所=台湾 台東市
・結果=ASC第4戦・女子優勝
    →日本人初の年間アジアチャンピオン(2013年度・女子部門)に決定

・主催者サイト: http://www.asiansurfingtour.com/
・大会サイト: http://taiwanopenofsurfing.com/

選手コメント

私は長野県出身、在住でプロツアーサーファーの北沢麗奈(リナ)です。
今回の試合は、私にとって初めての台湾遠征でした。
波質が全く掴めず1回戦、2回戦とも絶不調でしたが
決勝では波だけに集中して、
とても良い精神状態で臨むことができ、
自分が考えていたものと近い演技で優勝できてよかったです。

今年から転戦し始めたアジアツアーですが、
全4試合のうち、1試合は3位、他3試合は全て優勝することができました!
日本人初の年間アジアチャンピオンを獲得することができてとても嬉しいです。
来年のワールドの試合では、
日本とアジアを代表する選手として
自覚と自信を持ってチャレンジしたいと思います。
これからも応援を宜しくお願いします!

2013.11.18/サーフィン・北沢麗奈





山口学 トランポリン

山口学(トランポリン)世界選手権・金メダル

大会情報

・大会名=第29回・世界トランポリン選手権大会
・主催=国際体操連盟FIG
・日時=2013年11月7日~10日
・場所=ブルガリア・ソフィア
・結果=男子シンクロナイズド優勝(山口学・上山容弘ペア)

・主催者サイト: http://www.fig-gymnastics.com/vsite/vnavsite/page/directory/0,10853,5187-188045-205267-nav-list,00.html
・大会サイト: http://sofia2013.fig-gymnastics.com/vsite/vtrial/page/home/0,11065,5263-206681-223904-49512-news-list,00.html

選手コメント

11月に行われた世界選手権において、
金メダルを獲得できました!
私自身、世界選手権の決勝の舞台に立つ事すら初めてで、
かなり緊張はしましたが、
皆さんの応援の御蔭で結果を残す事が出来ました!!
今後もこの結果を自信にして、
更に活躍できるよう頑張っていきますので
応援の程、宜しく御願い致します。

2013.11.10/トランポリン・山口学





奥田慎司 キンボール

奥田慎司(キンボール)W杯・銀メダル

大会情報

・大会名=第7回キンボールスポーツ・ワールドカップ2013
・主催=国際キンボールスポーツ連盟
・日時=2013年10月29日~11月3日
・場所=ベルギー・リエージュ州オベル地方
・結果=男子・銀メダル

・主催者サイト: http://www.kin-ball.com/
・大会サイト: http://www.kin-ball2013.be/
・関連サイト: http://www.newsports-21.com/kin-ball/

選手コメント

キンボールスポーツの、奥田慎司です。
この度、ベルギーで開催された第7回キンボールスポーツ・ワールドカップに出場し、
自身3度目の銀メダルを獲得する事ができました!

金メダルを目標にしてきましたが、今回もあと少しのところで敗れてしまいました。
この悔しさを忘れず、2年後のスペイン・ワールドカップでは、
必ず金メダルを獲得したいと思います!

今大会に出場するにあたり、
日本から応援して頂いた皆様、スポンサーの方々に本当に感謝致します、
ありがとうございました!
今後も金メダルを目標に進んでいきますので、
変わらぬ応援・御支援を宜しく御願い致します。

2013.11.03/キンボール・奥田慎司





小原聡将 ジェットスキー

小原聡将(ジェットスキー)世界で10位

大会情報

・大会名=2013 Hot Products IJSBA World Finals
・主催=International Jet Sports Boating Association
・日時=2013年10月5~13日
・場所=USAアリゾナ州 レイクハバスシティ Crazy Horse Camp Ground
・結果=Pro Ski Openクラス(改造無制限)10位
    Pro Ski Limitedクラス(改造有り)3位
    Pro Ski Litesクラス(改造無し)6位

・主催者サイト: http://www.ijsba.com/
・大会サイト: http://www.ijsba.com/world-finals/

選手コメント

World Finalsは、世界各国のチャンピオンが集まる、
チャンピオンの中のチャンピオンを決める、年一度の世界最高峰の戦いの場。

ここでも、例年同様に自分のマシンを持っていく為の資金が無い為に、
アメリカでのスポンサー:KMGRacingのマシンを使用しての参戦でした。
それぞれのクラスにおいてマシンを用意して下さり、深く感謝しておりますが
、 レンタル艇の為、
正直言いまして、他選手と比べるとマシンのレベルが大きく劣っていました。

世界で戦っている全プロ選手の中で、レンタル艇で戦っているのは私だけです。
マシンの差が歴然のこの現実に、
正直、心が折れそうになる状況もありましたが、
マシンの性能を最大限に引き出し、
絶対に負けないという精神の元で最後まで諦めずに走り続けた結果、
改造無制限Openクラスという最高クラスで世界10位を獲りました!
(順位的に、改造有りLimitedクラスなら世界3位)

世界最高の改造無制限Openクラスでは、
殆どの選手と20km以上のトップスピードの差がありました。
しかし、34人エントリーの中で予選を5位で通過し、
決勝では、目標であった世界10位に喰い込みました。

今年度の結果は来年度の体制に繋がる結果であり、
チームとしてさらに良い体制を作って頂ける事が決まりました。
今回の結果を糧に今後とも精進してまいりたいと思います。
今後とも応援の程宜しくお願い致します。

2013.10.14/ジェットスキー・小原聡将





岡本美鈴 フリーダイビング

岡本美鈴(フリーダイビング)世界選手権・銀メダル

大会情報

・大会名=AIDA World Championship 2013 (フリーダイビング世界選手権・海洋・個人戦)
・主催=Freediving Club Greece (AIDA(アプネア国際振興協会)公認)
・日時=2013年9月15~22日
・場所=ギリシャ・Kalamata
・結果=32ヵ国143選手参加によるフリーダイビング世界選手権で、
    CWT(無酸素・足フィン有りで海中深度を競う)競技において、
    日本代表・岡本美鈴が「深度86m」で銀メダル(世界2位)を獲得

・主催者サイト: http://www.freediving-club.gr/
・大会サイト: http://www.aidaworldchampionships.com/
・AIDAサイト: http://www.aidainternational.org/

選手コメント

2011年の個人戦・銅メダル(3位)を、今回、銀メダル(2位)に格上げする事ができました。
疲れがあった為か本調子ではありませんでしたが、御陰様で何とか日本の意地を貫きました。

日本から応援して頂いた多くの皆様、
いつも御支援頂いているサプライヤー・スポンサーの方々に感謝致します、
ありがとうございました!

今後も更なる記録を追求しますので、変わらぬ応援・御支援を宜しく御願い致します。

2013.09.20/フリーダイビング・岡本美鈴(旧姓:平井)





Little Tiger ムエタイ

Little Tiger(リトルタイガー)世界タイトル獲得

大会情報

・大会名=M-FIGHT/SUK WEERASAKRECK III
・主催=WSRウィラサクレック・フェアテックス・ジム
・日時=2013年9月15日pm16時~
・場所=ディファ有明(東京都江東区有明1-3-25)
・結果=第11試合・WPMF女子世界ピン級タイトルマッチ

  ●テップサー・ソーティップジャルン(タイ、WPMF&WMC世界ピン級王者)
       VS      
  ○Little Tiger(日本、WSRフェアテックス、挑戦者)

  ※2分5R終了、判定3-0でLittle Tigerが新王者に

・主催者サイト: http://www.muaythai.jp/
・WPMFサイト: http://www.wpmfmuaythai.com/
・メディア報道: http://efight.jp/result-20130916_21870

選手コメント

御陰様で、WPMF女子世界ピン級タイトルマッチを制し、4度目の「世界一」を獲得できました。
いつも応援して下さる方々、御支援を頂いている企業の皆様、ありがとうございました!

ムエタイ発祥国タイのタイ人選手達にも認められる、本物のムエタイファイターを目指し、
歴史に名を残せるような選手になる事を目標にしています。
今回のベルト獲りで、新たなスタートをきる事となります。

皆様の支えがあったからこそ、今があります。今後も、感動を御渡しできるような試合に努めます。
今後共、応援の程、宜しくお願い致します。

2013.09.15/ムエタイ・Little Tiger





鈴木喜稀 パワーリフティング

鈴木喜稀(パワーリフティング)

大会情報

・大会名=IPF World Sub-Junior & Junior Championships
・主催=International Powerlifting Federation and USA Powerlifting
・日時=2013年8月27~9月1日
・場所=USA Texas Killeen
・結果=ジュニア74kg級、7位(スクワット260kg、ベンチプレス170kg、デットリフト235kg、トータル665kg)
・詳細=http://www.powerlifting-ipf.com/fileadmin/data/results/2013/World_Sub_Junior_Junior/Vscoresheet_m.htm
・主催者サイト:http://www.powerlifting-ipf.com/
・日本パワーリフティング協会:http://www.jpa-powerlifting.or.jp/

選手コメント

パワーリフティング競技の、東海大学体育学部・鈴木喜稀です!
この度、アメリカで開催されたジュニア世界大会に初出場し、7位になりました。

今回は、初めての国際大会・挑戦でしたので、何から何まで初めての経験でした。
正直、まだまだ力不足で世界の壁は大きいなと感じた事もありますが、
しかし、この世界の壁は、自分にとって超えられない壁ではない事が判りました!!!

共に戦った先輩や同期の後姿を見て、
よりいっそう、ジュニア期間(大学在学中)の残りの3回のチャンスの中で、
必ずメダルを獲りたいという想いがふつふつと沸きました!!

その為に、
1日1日のトレーニングを大切にして、
まずは、来年もこの世界の舞台に立てるように日々精進していきたいです。 
応援して下さった方々に、本当に感謝しております。
これからも、パワーリフター鈴木喜稀を宜しく御願い致します。

2013.09.02/パワーリフティング・鈴木喜稀





中出将男 車椅子卓球

中出将男(車椅子卓球)タイ国際大会

大会情報

・大会名=タイ国際卓球選手権大会
・主催=ITTF Para Table Tennis
・日時=2013年8月2~7日
・場所=タイ・バンコク
・結果=個人戦クラス4 銅メダル・団体戦クラス5 銀メダル

・主催者サイト:http://www.ipttc.org/

選手コメント

タイオープンに参加し、個人戦は銅メダル(クラス4)、団体戦は土井康太郎選手とペアで銀メダル(クラス5)を獲得しました。
個人戦は第2シードという絶好の位置を頂いたのですが、予選でタイのライバル選手に負けてしまい、
予選2位通過で、準決勝で第1シードのエジプトの選手(北京パラリンピック4位)と戦う事になり、
精一杯頑張ったつもりですが、セットカウント2-3で負け、銅メダルとなりました。

団体戦は予選2位通過で決勝トーナメントに上がり、1回戦オーストラリアに3-1で勝利、準決勝でタイ最強チームと対戦で勝利、
決勝は予選で負けたエジプトチームと再び対戦し、ダブルスは取りましたが、シングルスで負け、結果的に銀メダルに終わりました。

今年、初の海外遠征で2個のメダルを取れたのは嬉しいですが、振り返えれば、普段の練習成果が出せませんでした。
もう少し高い意識を持って練習を行わないと上位選手に勝つのは難しいと反省しています。

しっかりと練習し、次のアジア大会では大爆発できるよう頑張っていきます。

2013.08.07/車椅子卓球・中出将男





髙橋友美 ビーチテニス

髙橋友美(ビーチテニス)ビーチテニス世界大会

大会情報

・大会名=ITF BEACH TENNIS WORLD TEAM CHAMPIONSHIP(ビーチテニス世界大会・団体戦)
・主催=Beach Tennis Department International Tennis Federation(国際テニス連盟ITF・ビーチテニス部門)
・日時=2013年7月18~21日
・場所=Moscow Russia
・結果=参加20ヵ国→日本代表:6位

・主催者サイト:http://www.itftennis.com/beachtennis/championships/world-team/2013.aspx

選手コメント

2013年7月、ロシアで開催されたワールドチームチャンピオンシップに、
日本人初の日本代表選手として出場する事ができました。
結果は6位。
4日間のハードスケジュールでしたが、皆さんの応援もあり、いい成績を残す事ができました。
本当にありがとうございました。

この結果に満足するのではなく、もっともっと上を目指しチャレンジして行きたいと思います。
更なる挑戦にかけて、一人でも多くの皆様の応援、御支援が力になります。
今後共、ビーチテニスプレーヤーの高橋友美を宜しく御願い致します。
(現在、女子世界ランキング18位の為、TOPを目指して頑張ります!)

2013.07.22/ビーチテニス・髙橋友美





高橋靖彦 ラート

高橋靖彦(ラート)世界選手権優勝

大会情報

・大会名=第10回世界ラート競技選手権大会
・主催=世界ラート連盟(International Rhoenrad Verband)
・日時=2013年7月10~13日
・場所=アメリカ・シカゴ・North Western University
・結果=男子個人総合優勝(ドイツ人以外初、日本人初)
   (男子跳躍優勝、男子斜転3位、男子直転5位、団体戦2位(跳躍、斜転))

・主催者サイト:http://rhoenrad.com
・日本ラート協会:http://www.rhoenrad.jp/ri_benrato_xie_hui/home.html

選手コメント

10回目の節目を迎えた世界選手権。
これまで、個人総合はラート発祥の地ドイツの選手が優勝してきました。
今回、大会史上初めて、その壁を破る事ができました。
関係者からは「歴史的快挙だ」という声を頂いています。
このような結果を得る事ができたのは、沢山の応援や支援を頂いたからです。
本当にありがとうございました。
今回の結果に満足せず、世界選手権の連覇を目指して競技を続けます。
又、ラート普及活動にも精力的に取り組みたいと思いますので、
今後共、どうぞ御注目の程、宜しく御願い致します。

2013.07.13/ラート・高橋靖彦





堀口文 ラート

堀口文(ラート)世界選手権銀メダル

大会情報

・大会名=第10回世界ラート競技選手権大会
・主催=世界ラート連盟(International Rhoenrad Verband)
・日時=2013年7月10~13日
・場所=アメリカ・シカゴ・North Western University
・結果=団体戦2位(直転)
    女子個人総合9位(女子直転3位、女子跳躍5位)

・主催者サイト:http://rhoenrad.com
・日本ラート協会:http://www.rhoenrad.jp/ri_benrato_xie_hui/home.html

選手コメント

この度、第10回世界ラート競技選手権大会において、
団体戦銀メダル・個人直転種目銅メダル・跳躍種目5位入賞という成績を納めることができました。

2011年・前回大会で初出場を果たし、無名選手だった私がこのような結果を出す事が出来たのは、
ご支援やご声援を下さる方々の御陰だと思っております。

確実にステップアップしているのを自身で感じているので、次回は金メダルを目指し、
これからも精進致しますので、どうぞ応援の程、宜しく御願い致します。

2013.07.13/ラート・堀口文


登録アスリート数
1
0
1
4
ファン登録数
2
8
2
0
8
累計協賛回数
3
1
8
5
スポーツファンディングとは?
プロジェクト型スポーツファンディング
アスリートインタビュー
協賛募集中のアスリート
公式個人スポンサー募集
登録アスリート募集
推薦メッセージ
5Flags
アクティブ・ブレイン・セミナー
高田リオン
マルハンワールドチャレンジャーズ
Strategic Body Training
exfit TV
SOA-Laアスリートコンテスト

もっと見る



ご利用の皆様へ

アスリートの皆様へ

企業の皆様へ

■サポート企業様
株式会社アスリートプランニング   株式会社マルタカ・パルス   一般社団法人 疲労回復協会   株式会社フィートインデザイン

athlete yell

Copyright (C) 2012 Athlete Yell All Rights Reserved.