athlete yell

アスリートの競技生活をサポートする「オンライン後援会」

  • ログイン
  • 新規会員登録
  • ヘルプ
生年月日 : 1986年08月02日
身長・体重 : 167cm/56kg
出身 : 東京都八王子市
競技 : テニス
所属 : フリー
プロフィール | 戦績

ファン数:118


朝子 爽やかテニスlife


活動情報

ニュース新潟国際女子サーキット シングルス予選1R 2011-05-22 21:32

 

ご無沙汰しております。
前回からここまでの間に3大会戦ったのですが更新しておらず申し訳ありません。
先ずは本日のご報告をさせて頂きます。

■結果:新潟国際 (賞金総額$25,000) 予選1R 7-5,2-6,3-6 負け。


■内容:
負けはしたけど、暗いトンネルから抜け出す光が見えた試合でした。
 
 1
stセットは、相手のショットが特徴的(女子には珍しくスライスが多め)で打ちにくく、0-5までいってしまう。しかしチェンジコートで切り替えて「ボールに回転を加えて確実にいこう」と意識してから挽回。相手は私のペースが変わったので調子を崩し、エラーを繰り返し始めた。そのままの流れであっけなくセットを取った。

ndセットは序盤、1stセットの流れでそのまま取れそうな雰囲気だった。しかし、私は自分のミスが減ったので過信してしまい、フラット系の速いボールを打ち始めた。すると相手はそれを難なくナイスコースに切り替えすことができ、再び相手の流れに。「どうすればいいのだろう」と一瞬戸惑いましたが、1-5になったあたりで自分のショットがいけないことに気付く。そこから挽回できそうな流れにはなったが、大事なところでミスしてしまいセットを落とす。

Finalセットは回転多めの打球で我慢することにした。シーソーゲームで3-4になったが、そこで確実なショットを打つことに拘りすぎてしまったと感じる。ラリーの中で、相手は少し甘いボールを返球してくることがあったのに、私はそこで攻めずに安全なボールで返球してしまった。結果、相手は良い体勢を取り戻してしまい、1から作り直しという感じ。そのうちに自分からミスしてしまった。それでも3-5になってから、4-5にするゲームポイントが2回ありました。そのチャンスに、じっくりと崩してから攻めるというプレーが出来ず、負けてしまいました。

  

■感想:

今回の相手は国際ランカーで、サーキットでは常連のプロ選手でした。こういう選手にこれまでは
0-6,2-6くらいで負けていました。しかし今日は0-5から、戦法を切り替えてセットを取れました。2ndセットでは戦略ミスをしてしまいましたが、途中で問題に気付いて修正できたことは評価できます。

足りなかったのは、攻める勇気でした。自分から変なエラーをせずにチャンスが作れているときは、冷静に攻めなければなりません。次回への課題がハッキリと見えたので、今日は残念でしたが「ここからだ!!」と思いました。これからメキメキと力をつけ、勝利を収めていこうと思います!

 


 


チャレンジ・メッセージ
Comming soon ...
もっと見る





ご利用の皆様へ

アスリートの皆様へ

企業の皆様へ

■サポート企業様
株式会社ケイズグループ   株式会社アスリートプランニング   株式会社マルタカ・パルス   株式会社フィートインデザイン

athlete yell

Copyright (C) 2012 Athlete Yell All Rights Reserved.