athlete yell

アスリートの競技生活をサポートする「オンライン後援会」

  • ログイン
  • 新規会員登録
  • ヘルプ
生年月日 : 1986年08月02日
身長・体重 : 167cm/56kg
出身 : 東京都八王子市
競技 : テニス
所属 : フリー
プロフィール | 戦績

ファン数:118


朝子 爽やかテニスlife


活動情報

ニュースバリクパパン-インドネシア 予選決勝 2011-06-14 22:45

こんばんは。現在インドネシアは夜の21:45くらいです。
本日は、昨日行われた試合の結果報告をさせて頂きます。

【結果】   予選決勝 6-7(3),2-6で負けました。

【内容】

相手は中国人の大柄でパワフルな選手だったのですが、ミスも多かったのでかなりチャンスがありました。特に1stセットはほとんど私に流れが傾いていて、5-4のときにセットポイントを2本握っていました。

それに、、ゲームの初めから私はサーブの調子が良く、キープを重ねていました。
相手も同じようにパワフルなサーブを確率よく入れてきていて、それに苦戦していたのですが、
3-2から4-2したゲームで、長いラリーのポイントを私が制した後から急に調子を崩して、
ダブルフォルトを繰り返したのです。
それから5-2にするゲームポイントも、5-3にするゲームポイントも2~3回あったのに、そこでとれなくて。
チャンスを逃すうちにタイブレークにもつれ、さらに相手は調子を取り戻してしまいました。

リターンやストロークで攻め切れなかったのが原因です。日本と違ってこちらのコートはバウンドが高いので、試合前からイマイチ自信がなく慎重にプレーしていたのですが、
リスクを背負ってでも攻めに行かなければいけない場面があるものです。

ワンバウンドさせるとダメならボレーやドライブボレーに。バウンドが高いならグランドスマッシュ。
そういう展開で獲った良いポイントも沢山ありましたが、獲るべきポイントで出せませんでした。

前回の新潟のときも同じような反省をしましたね。
今回は、とてもインパクトに残る悔しさを味わったので、次は同じ失敗はしません。

セカンドセットも初めの方は1stと同じような流れだったのに、途中で相手にブレイクされてからミスが早くなってしまいました。
セット間のときに、ウェアを着替えに行くなど気持ちを切り替えることが必要でした。
日差しも強くて汗だくでしたから、頭を冷やす意味でも大事です。

【これから】

シングルスで負けてしまい、普通ならダブルスがあるのですが、私は今回エントリーしませんでした。
「シングルで絶対勝つ」と燃えていて、そのことばかり考えていて、更にダブルスの国際ランキングがないので出られないと決めつけ、パートナーを探さなかったのが失敗。

海外での国際大会は、日本と違って人が集まらずNOランキングでも入れることがあるそうです。
要は、「わずかな可能性でも信じて準備すれば、チャンスが訪れることがある!」ということですね。
学びました・・・(T_T)!!

明日、私は本戦のラッキールーザー(欠場者が当日出ると代わりに試合に出られる)なので、
試合があるつもりで準備しようと思います。
出場選手は全員揃っていてかなり可能性が低いですがね。
それでもベストを尽くすことが後先プラスになる!!と信じて。

来週、インドネシアのタラカンで再び1万ドルの国際大会(こちらは本戦)があります。
6/22(水)から試合なので、それまで一週間もあります。
敗者としてバリクパパンに残るのは切ないで(:_;)すが。

でもココで自分に負けてはいけませんね!!超ポジティブに練習とトレーニングを毎日頑張ります!!!!
プラスにとらえればレベルの高い練習相手が沢山いて、コートもいくらでも使えて、本戦選手のプレーも観て学べるし上達には最高の環境!!

折角のチャンス。この7日間は、自分のテニスにとっても、人生にとっても重要な時間になること間違いなし。
最善を尽くして、選手としても人間としてもレベルUPできるように過ごします。

では、またご報告させて頂きます。

チャレンジ・メッセージ
Comming soon ...
もっと見る





ご利用の皆様へ

アスリートの皆様へ

企業の皆様へ

■サポート企業様
株式会社ケイズグループ   株式会社アスリートプランニング   株式会社マルタカ・パルス   株式会社フィートインデザイン

athlete yell

Copyright (C) 2012 Athlete Yell All Rights Reserved.