athlete yell

アスリートの競技生活をサポートする「オンライン後援会」

  • ログイン
  • 新規会員登録
  • ヘルプ
生年月日 : 2003年04月01日
身長・体重 : 172cm/60kg
出身 : 茨城県東茨城郡茨城町
競技 : サイクルロードレース
所属 : ボンシャンス
プロフィール | 戦績

ファン数:101



活動情報

ニュース自信 2018-05-24 09:35

日付 5月20日
天候 晴れ
レース名 grand prix de Vattetot 8.7km×8=70km

目標 頭を使って走る。 勝つ。
結果 優勝 53人中

〜レースレポート〜
今回のレースはSeine-maritimeのチャンピオンを決めるチームとして、とても大事な大会だった。

エンゾウ、ギオムなどのSeine-maritimeの強化選手はほとんど来ており、監督からは、なかなか濃いメンツになると伝えられた。

予想どうり、受付に行くと知っている強い選手がたくさんいました。

受付を済ませ一周ほど試走。
コースはフランスに来てからのレースで1番アップダウンが激しいコースでした。
特に印象的だったのはゴール前の勾配のきつい600mの登りがあり、そこは注意深く走るよう言われました。
チームの作戦としては、誰かが必ず逃げに乗れとのこと。

3.2.1.Partir!の合図でスタート。
スタートはかなり道が広くするっと前に上がれた。
スタートして2km程の向かい風区間でアタックがかかり自分合わせて6人の逃げができ、そこに、チームメイトのマティアスが合流し合計7人のエスケープができた。
かなり強いメンツでのエスケープだったので3周完了時にはプロトンとの差は2分30秒まで開きチームメイトのマティアスもいるためかなり有利な状態でレースが進んで行く。

しかし、4周目の例のあの登りでアタックがかかりマティアスが千切れエスケープは6人に。
追走集団との差は1分と聞いて焦ったエスケープは速度を上げる。
するとジャッキー監督が「エンゾウ、ギオムが追ってるから前を引くな!」と。
チームメイトが合流すれば3人になり勝つ確率が増える!
エンゾウ、ギオムはかなり足のある選手だから心配はしていなかった。
そうくればあとはこっちのもの!
エスケープの集団でアタックがかかれば反応するがそれ以外は極力前を引かない。

そして最終周に入る前の登りでエンゾウ、ギオムを含めた追走3人が合流!
エンゾウに「元気か?!」と聞かれ、「もちろん元気だよ!君は?」、「おう!元気だぜ!」みたいな会話をしてかなり気持ちが楽になった笑
チームメイトの大切さを改めて感じました。

しかし、追走でついて来た奴がなかなか手強い。
仮にその人をT君とします。
そして向かい風区間でT君のアタックがかかり少しずつ人数が減っていく。
ここできついコーナーを抜けた先で自分が全力でアタックをかける。
もちろんT君と他の選手がチェックしてくるが脚を溜めていた分まだ踏めたのでそのまま離しにかかる。
後ろを振り返るとT君が先頭でその後ろにぴったりとエンゾウ、ギオムが付いている。
エンゾウ、ギオムは勿論、僕が前にいるので先頭交代をしないためT君と他の選手はかなりきつい展開に。
そして自分はまだいける自信があったので下りも踏みまくる。
残り5km。
気持ちは今年のミラノ〜サンレモで逃げて優勝したニーバリ!
登りで後ろを振り返るともう見えない。
いけるぞー!!!
残り1km。
そしてあの登り区間をクリアし下りホームストレートでガッツポーズをして優勝することができた。
ゴール後すぐにUターンしてエンゾウ、ギオムのゴールを応援。
一番手にいたのはT君!まずい!
しかし、みるみる伸びるギオムのスプリントで最後差し切り2位!
エンゾウは4位と大健闘!
チームとして最高のレースをすることができた。
また、自分は日本人のためカウントされないが、ギオムが今回のレースで自分の次に入ったので見事Seine-maritimeのチャンピオンになりとても嬉しかった。

反省点。
序盤のエスケープをしていた時かなり足を使ってしまった。
マティアスを千切れさせてしまった。

良かった点。
チームの司令通り動けた。
タイミングが掴めた。

今回のレースはかなり自信につながるレースでした。
また、チームメイトともさらに仲が深まりとても良い日でした。
これからも焦らずじっくりと頑張っていきます!
応援よろしくお願いします!


チャレンジ・メッセージ
ツール・ド・フランス 日本人初の総合優勝!
もっと見る
簡単なステップで
今すぐ支援!
※任意の金額を入力して下さい。
  • 1 回
  • 毎月
  • 1050以上の支援で

    Athlete Yell 上にお名前またはニックネーム記載

スポンサーメリット一覧 ≫





ご利用の皆様へ

アスリートの皆様へ

企業の皆様へ

■サポート企業様
株式会社ケイズグループ   株式会社アスリートプランニング   株式会社マルタカ・パルス   株式会社フィートインデザイン

athlete yell

Copyright (C) 2012 Athlete Yell All Rights Reserved.