athlete yell

アスリートの競技生活をサポートする「オンライン後援会」

  • ログイン
  • 新規会員登録
  • ヘルプ
生年月日 : 2003年04月01日
身長・体重 : 172cm/60kg
出身 : 茨城県東茨城郡茨城町
競技 : サイクルロードレース
所属 : ボンシャンス
プロフィール | 戦績

ファン数:99



活動情報

ニュースこれぞレーストレーニング 2018-05-29 05:50

日付 5月26日
天候 晴れ
レース名 Prix de Dampierre...
目標 チームで勝つ。
結果 3位 Cadet1 1位

〜レースレポート〜

チームのエース。ギオム、エンゾウは違うレースに出ていたため今回は一緒に走れなかったが、今回のレースから同じチームこ竹内 成も参戦しとても楽しいレースでした。

レースのスタートは相変わらず遅く15時30分スタートなので特に急がずゆったり出発。

今週はずっと寒かったが会場に着くととんでもない暑さ…30度を超えていました。

フラフラしながらもゼッケンをもらい試走へ。

コースの特徴はスタートしてすぐの強い向かい風の区間と最後の1km程の勾配がかなりきつい区間がありました。

監督からは1〜2周目までは落ち着いて走りアタックがかかればチェックしろとのことでした。

そして、スタートはまさかの最後尾でのスタート。
スタートしてすぐは道が狭くなかなか抜けなかったがコーナーで先頭まで一気に上がることができた。

1周目には小さなアタックがかかるが問題もなくクリア!

2周目に入ったところの向かい風区間で有力選手がアタック。すぐさまチェックに入り吸収。
その直後アタックしたチームの仲間がカウンターアタック!
それについていくも中切れにあってしまい1人が飛び出した状態で進んでいく。
その後の下りでローテーションを要求するにも集団は全く機能せず。
そこで、成が前を率先して引いてくれて先頭との差が縮まっていく。
登り区間でペースを上げなんとか先頭と合流。
合流直後またもやアタックがかかる。
それもついていき先頭は自分を含め7名に。

7名の逃げはなかなか協調性がなくあまり回らない。

そして、逃げの中にパリのチームが2人いてこれが厄介だった。
パリのチームの1人がアタックし誰かが追うのを待つと協調性がないので結局自分で捕まえに行く。
その後、吸収するともう1人のパリの選手がカウンターアタックしまた追いかけるのを5周目まで6周目まで繰り返し。

一度完全に追わず相手が出るのを待ったが出る気配がまるでない。

逃げ切らせるわけにはいかないのでもう一度追いかける。

なかなかさが縮まらないのでローテーションを要求するも後ろについているのはもう1人のパリのチームメイト。
勿論回るわけもなく自分が前を引く。
なんとかパリ以外の選手がローテーションをしてくれて逃げを吸収。

その後もアタック合戦が続いた。

残り1周
暑さで頭がグラングランしてきた笑
でも残り1周なので踏ん張る!
最後の1周は7人の逃げが完全に決まったので牽制モードへ突入。
前にずっといた自分はそのまま最後の登りへ。
残り500m
1番手で最後のコーナーを曲がりアタック!!
後ろは2人ほどちぎれた。

残り300m
まだ自分が先頭!

残り200m
ここでついに2人に凄い勢いで抜かされてしまう。
どこにこんなパワーがあったのか。

残り100m
最後まで踏ん張り並ぶも刺されてしまい3位で終わってしまった。

良かった点
終始前で展開に加われた。
うまくチェックし逃げを決められた。

反省点
最後スプリントのパワーがなかった。
追って追っての繰り返しで足をかなり使ってしまった。

今回のレースは文章で書ききれないほど相手のチームプレイに圧倒されまくりました。
しかし、このようにしたら相手に足を使わせられるのか!
と気づくこともたくさんありました。
また、cadet1で優勝することができました。
次のレースも頑張ります!
応援よろしくお願します!


チャレンジ・メッセージ
ツール・ド・フランス 日本人初の総合優勝!
もっと見る
簡単なステップで
今すぐ支援!
※任意の金額を入力して下さい。
  • 1 回
  • 毎月
  • 1050以上の支援で

    Athlete Yell 上にお名前またはニックネーム記載

スポンサーメリット一覧 ≫





ご利用の皆様へ

アスリートの皆様へ

企業の皆様へ

■サポート企業様
株式会社アスリートプランニング   株式会社マルタカ・パルス   株式会社フィートインデザイン

athlete yell

Copyright (C) 2012 Athlete Yell All Rights Reserved.