athlete yell

アスリートの競技生活をサポートする「オンライン後援会」

  • ログイン
  • 新規会員登録
  • ヘルプ
生年月日 : 2003年04月01日
身長・体重 : 172cm/60kg
出身 : 茨城県東茨城郡茨城町
競技 : サイクルロードレース
所属 : ボンシャンス
プロフィール | 戦績

ファン数:101



活動情報

ニュース第一回渡仏 最終レース 2018-06-13 08:52

日付 6月10日
天候 晴れのち曇り
レース名
距離 10km×7周=70km...
目標 勝ち逃げに乗る
結果 1位 60人中

〜レースレポート〜
1回目の渡仏最後のレースでかなり気合いの入ったレースでした。

レース会場にはスタート1時間前に到着し久々にワタワタしながら準備をしゼッケンをつけ試走を始める頃にはスタート30分前に…
コースの特徴はコーナーがかなり多く大きな下りと2kmほどの登りがあるかなり面白いコースでした。
試走をしている最中ふと成が「あ、スタートまで後10分だ」…え?笑
や、やばくね!?
なんとかギリギリ間に合いスタート30秒前に合流。
フランスでも見せた自分の特技、スタート忘れ。
そのままスタート。
例年このコースは最後スプリントになると言われたのでチームメイトから4周目までは様子を見て走れとの指示が出された。
1〜2周目まではかなりゆっくりなペースでレースが進んでいく。
しかし、3周目でアタックがかかる。
飛び出た選手はかなり強い選手で逃がしてはいけないことがわかったギオムが「今だ!いけキリ!」
と言われるがままアタックした。
結果的にうまく抜けられ前の逃げに追いつき勝ち逃げに。
人数は6人。チームメイトのマティアスも集団に入っていたが2周ほどで千切れてしまう。
5人で回すことに。序盤はなかなか回らないことが多かったが、コミュニケーションをとりうまく回るように。
上がり過ぎず下がり過ぎずちょうど足が削られるぐらいのペースで回っていく。
しかし、またここである疑問が。
毎周、ゴールを通過するごとにみんなもがく。
なんだこれ?
実はスプリント賞が設けられていたのです。。
スプリント賞を通過するとお金がもらえるためみんなもがいていた。
そんなことわかるわけもないまま周回をこなしていく。
最終周に入り最後の登りへ突入。
ここで僕がアタックを仕掛けるがすぐに捕まってしまう。
だめ押しでもう一回仕掛けると少し差が開いたが登りきりが見えた段階で吸収されてしまう。
その吸収直後カウンターアタックが決まり1人が抜ける。
それを2人で追っていたが千切れ1人で追うことに。
20mほどまで一気に離されたが、みるみる背中が近くなってくる。
最終コーナーに入った直後に吸収。
吸収直後相手選手が「よろしく」と握手して残り600m
300m前を引き残り300m,
相手選手の後ろにつき様子を伺う。
少しスピードが上がったタイミングで横から抜けスプリントへ。
そのまま一位でfin!!

良かった点
最終局面で追いつくことができた。
足を使わないよう頭を使って走れた。

反省点
少し踏み過ぎてしまった。

帰国前日に結果を出せて嬉しかったです!
帰ってからもできることをやっていきます!
これからも応援よろしくお願いします!


チャレンジ・メッセージ
ツール・ド・フランス 日本人初の総合優勝!
もっと見る
簡単なステップで
今すぐ支援!
※任意の金額を入力して下さい。
  • 1 回
  • 毎月
  • 1050以上の支援で

    Athlete Yell 上にお名前またはニックネーム記載

スポンサーメリット一覧 ≫





ご利用の皆様へ

アスリートの皆様へ

企業の皆様へ

■サポート企業様
株式会社ケイズグループ   株式会社アスリートプランニング   株式会社マルタカ・パルス   株式会社フィートインデザイン

athlete yell

Copyright (C) 2012 Athlete Yell All Rights Reserved.