athlete yell

アスリートの競技生活をサポートする「オンライン後援会」

  • ログイン
  • 新規会員登録
  • ヘルプ
生年月日 : 2003年04月01日
身長・体重 : 172cm/60kg
出身 : 茨城県東茨城郡茨城町
競技 : サイクルロードレース
所属 : ボンシャンス
プロフィール | 戦績

ファン数:101



活動情報

ニュースJBCF やいた片岡ロード 2018-08-07 08:15

日付 7月22日
天候 晴れ...
レース名 第2回 JBCF矢板片岡ロードレース
距離 10.3km×5周=51.5km

目標 先頭で攻めて走る
結果 10位 95人中

〜レースレポート〜

前の日のクリテリウムを終えモチベーションがかなり上がっていたロードレース。

このコースも去年走っていたため、イメージはできていました。

コースの特徴としてはテクニカルなコーナーや実力が試される登り、そしてジュニアギヤの踏ん張りどころである長い下りがあるというなんとも豪華なコース設定。
また、ゴールは登りスプリントのためかなり自信がありました。

そして何と言っても…走りやすい!この印象がとても強かったです!
流石自転車の県栃木。最高のコース、路面でした!

話はかわりその日の気温は35度とかなり暑いため水分を多く摂取し、塩分も補給して熱中症対策には心がけました。

クリテリウム同様かなり早い時間から整列が行われていたがほんの少しアップしてすぐさま整列。
移動が開始してからスタート地点まで。この時点でスタート位置は真ん中より少し上くらいにいました。

その後スタートしロータリーを超え登り口までローリングしてその後本格スタート。
スタート直後のアタックはすぐさま吸収。

800mほどの登りでペースは上がるも集団は絞れないまま周回を重ねて行く。
3周目の登りに入りここでペースが一気に上がる。
ペースアップに参加し回して行く。
下りに入る前に追走集団に吸収されるがかなり人数は絞られた。

4周目も同様ペースが登りで上がり有力選手達と抜けるも下りで追いつかれ最終周回へ。
最終周回の登りではアタックが散発的に起こりかなり集団の人数が減って行く。
登りを先頭でクリアし最後の下りへ。

下りは160回転で回して止めて回して止めてとインターバルを繰り返し残り500mを切ったところから牽制が始まる。

ここで自分はコーナーの外側に位置取ってしまう。

そのまま最終コーナーに突っ込み前をふさがれててしまう。
すり抜けスプリントを開始。残り250m。
ガンガンもがくもそのままゴール。
10位でのフィニッシュだった。

良かったところ
下りで離されずに回せた。
登りで積極的に攻められた。

悪かった所
スプリントの位置を自分から下げてしまった。
圧倒的にスプリントの力がなかった。

まとめ

高石杯、石川ロードレースとともに登りのレースをこなしてきたおかげかかなり登れるようになっていました。
ですが、肝心な踏ん張りどころで勝ちきれないのが現状です。
未来の自分はどうなりたいのか、どのような勝ち方をするのかしっかり頭の中かで整理してこれからもじっくり頑張っていきます!
これからも応援よろしくお願いします!
そして、2日間JBCFの皆様、矢板市、大田原市の方々ありがとうございました!

p.sここ最近は学校の勉強とバイトを両立しながら楽しく生活を送れています!


チャレンジ・メッセージ
ツール・ド・フランス 日本人初の総合優勝!
もっと見る
簡単なステップで
今すぐ支援!
※任意の金額を入力して下さい。
  • 1 回
  • 毎月
  • 1050以上の支援で

    Athlete Yell 上にお名前またはニックネーム記載

スポンサーメリット一覧 ≫





ご利用の皆様へ

アスリートの皆様へ

企業の皆様へ

■サポート企業様
株式会社ケイズグループ   株式会社アスリートプランニング   株式会社マルタカ・パルス   株式会社フィートインデザイン

athlete yell

Copyright (C) 2012 Athlete Yell All Rights Reserved.