athlete yell

アスリートの競技生活をサポートする「オンライン後援会」

  • ログイン
  • 新規会員登録
  • ヘルプ
生年月日 : 2003年04月01日
身長・体重 : 172cm/60kg
出身 : 茨城県東茨城郡茨城町
競技 : サイクルロードレース
所属 : ボンシャンス
プロフィール | 戦績

ファン数:103



活動情報

ニュース再渡仏 活動再開 2018-09-16 20:21

今日のチームTT(タイムトライアル)のレースレポートです!

日付 9月16日

天候 晴れ

...

レース名 trio normand. 25km

目標 優勝

結果 3位 9チーム中

〜レースレポート〜

今回の渡仏最初のレースは初挑戦のチームTTから始まります!
今回のチームTTは1チーム3人で構成され、スタートからゴールまでのTimeが早かった人が勝ちます。
大切なのはペース配分。
3人同時にゴールしなくてはならないため誰かが上げすぎてもダメだし下げすぎてもいけない。
そのためみんなで声をかけ合いながら行う。
今回の自分のチームはホームステイ先の息子さんコンタンと同い年のマテオと組むことに!
2人とも勝つ気満々でかなりモチベーションが上がりました。

コースの下見をするため会場には早く到着。
コースの特徴としては最初は平坦基調な道が続き2km程登りその後はアップダウンが長く続き残り5kmからとんでもなく勾配のきつく長い下りを終えて最後1kmほどの平坦でゴールという面白いコース。

鍵となるのは登り終えてからのアップダウンと長い下り。
ここでいかにうまく回していけるかが重要になってくる。

しっかり心拍数もあげ準備バッチリな状態でスタートラインへ。
今回のレースはジュニア、エリートとたくさんの人が参戦するため観戦者も多い。
スタートはたくさんの歓声に包まれながらスタート。

すでに楽しい!

スタート、自分は2番手で走るがすぐに先頭交代の合図。
少し早く感じたがそのまま前に出る。
自分が合図を出して後ろに下がろうとすると後ろのサポートカーから「まだ引け!」と一言。

そのまま継続して前を引いていく。
つもりだったがすぐさま「あげすぎ!」と言われ後ろを見ると少しキツそう。
ここは一旦ペースを下げることに。
そのまま登り口まで引いていくと後ろが離れている。どうやらあげすぎたようだペースを落とせとマテオに言われやっと気付いた。
その後コンタンが回復しアップダウン区間は7割ほど自分が引きいよいよ下り区間へ。

本当にスピードが出るため後ろのマテオ、コンタンはおそらく足が止めてでも追いつける。
全力で回しTimeを稼いでいく。
トップに入れて150回転。とてもしんどいが回さないと勝てない。
足を休めず全力で引く!
なんとか下りきり最後の平坦へ。
みんないっぱいいっぱいだが最後の力を振り絞ってゴールまで突っ込む。
手元の時計では37分25秒とかなり良いTimeでクリアした。

良かった点
みんな出し切れた。

反省点
ペースがうまく掴めなかった。
周りをうまく見れなかった。

ゴール後監督からスタートが早すぎると指摘してもらいTimeを見て見るとスタートだけで去年よりも15秒も早くクリアしていた。
もう少しペースを考えれば優勝も狙えたかもしれない。と反省。
しかし、みんな走り終わった後は笑顔で終得ることができたので良かったです!
とても良い経験になりました!

次のレースは今週の土曜日と日曜日連戦になります!
応援よろしくお願いします


チャレンジ・メッセージ
ツール・ド・フランス 日本人初の総合優勝!
もっと見る
簡単なステップで
今すぐ支援!
※任意の金額を入力して下さい。
  • 1 回
  • 毎月
  • 1050以上の支援で

    Athlete Yell 上にお名前またはニックネーム記載

スポンサーメリット一覧 ≫





ご利用の皆様へ

アスリートの皆様へ

企業の皆様へ

■サポート企業様
株式会社ケイズグループ   株式会社アスリートプランニング   株式会社マルタカ・パルス   株式会社フィートインデザイン

athlete yell

Copyright (C) 2012 Athlete Yell All Rights Reserved.