athlete yell

アスリートの競技生活をサポートする「オンライン後援会」

  • ログイン
  • 新規会員登録
  • ヘルプ
生年月日 : 2003年04月01日
身長・体重 : 172cm/60kg
出身 : 茨城県東茨城郡茨城町
競技 : サイクルロードレース
所属 : ボンシャンス
プロフィール | 戦績

ファン数:104



活動情報

ニュースjbcf最終戦 幕張都心クリテリウム 2018-11-11 07:33

日付 11月10日

天候 晴れ

...

距離 810m×45周=36.4km

目標 大事なアタックを見極め勝ち逃げを作り勝つ。

結果 落車 (残り6周)

〜レースレポート〜

約、1ヶ月半ぶりのレースとなった今回のレース。
久々のレースだったためかなり楽しみなレースでした。
また、この日の幕張ではクリテリウムだけでなくサイクルモードやシクロクロスと重なりたくさんの人が集まり観戦してくれているということもあり更に気持は高ぶっていました!

コースの特徴としては90°のコーナーが4箇所ある長方形のシンプルなコース。
また、バックストレートにはかまぼこがありなかなか、アスレチックのようなコースでした笑

去年自分はE2クラスタで2位に入りE1へ昇格したレース。
去年の自分と今の自分がどこまで成長したか。
やれるだけの事はしようとレースに望みました。

スタート位置は前から3列目。
マスドスタートのため前に陣取る事が出来た。

スタート後一気に前に上がる。

先頭に出た途端に後続からアタック。

しかし、スタートは皆んな足が元気なため1周も経たずに捕まってしまう。

その後も散発的なアタックが続くも有力選手が乗らずすぐに捕まる。

10週を消化したあたりで有力選手が2人乗るアタックが発生。

これは追うべきだと判断し集団から抜け出だす。

追いつき先頭は4人の逃げにこのメンバーならいけると思ったがメイン集団もペースを上げ2周も経たず吸収。

そこからさらに、カウンターアタックが発生し、またもや有力選手らが乗る逃げが結成された。

このコースで逃げを許してしまうとかなりまずいためすぐさま追う。

なんとか追いつき先頭で周回を重ねる。

しかし、後続との差が縮まるに連れて先頭集団からドロップする選手が出てきた。

まだ足に余裕があったため集団との差を開かせるチャンスだと思いホームストレートでアタック。

何人かついてきたが決定的なアタックにはならずこの動きも吸収される。

その後も終始先頭で走っていたが残り7周地点で前の選手の後輪がパンク!
そのままコーナーに突っ込み落車!
避けられればよかったがここで自分も巻き込まれてしまう。
ここで焦ってしまった自分はニュートラルを使って復帰すれば良かったものの、そのまま走りだしてしまい離れた集団を追いかけしまった。

その後集団を追いかけるも残り4周あたりで赤旗でした。

良かった点
前で勝ち逃げを作るような動きができた。

反省点
決定的なアタックが決まらなかった。
焦って走り出してしまった。

結果としてゴール出来なかったのは悔しかったが前よりも確実に力がついていることを実感しました!
この調子でまだまだ頑張っていきます!
今後とも応援よろしくお願いします!!


チャレンジ・メッセージ
ツール・ド・フランス 日本人初の総合優勝!
もっと見る
簡単なステップで
今すぐ支援!
※任意の金額を入力して下さい。
  • 1 回
  • 毎月
  • 1050以上の支援で

    Athlete Yell 上にお名前またはニックネーム記載

スポンサーメリット一覧 ≫





ご利用の皆様へ

アスリートの皆様へ

企業の皆様へ

■サポート企業様
株式会社ケイズグループ   株式会社アスリートプランニング   株式会社マルタカ・パルス   株式会社フィートインデザイン

athlete yell

Copyright (C) 2012 Athlete Yell All Rights Reserved.