athlete yell

アスリートの競技生活をサポートする「オンライン後援会」

  • ログイン
  • 新規会員登録
  • ヘルプ
生年月日 : 2003年04月01日
身長・体重 : 172cm/60kg
出身 : 茨城県東茨城郡茨城町
競技 : サイクルロードレース
所属 : ボンシャンス
プロフィール | 戦績

ファン数:105



活動情報

ニュースprix de la Municipalité 2019-03-25 06:57

今シーズン初戦のレースレポートです!

日付 3月24日

天候 晴れ

レース名 prix de la Municipalité. 4km×14周=56km

目標 レース感を掴む。アタックを逃がさない。

結果 4~5位 60人中

〜レースレポート〜
今シーズン初戦はフランスでのレースでした。

今回のレースは地方の代表選手や県の代表選手も参戦していたためかなり盛り上がっていました。

コースの特徴はコーナー4箇所のほとんど平坦なコース。

しかし、多少風があったため逃げれそうなポイントがありました。つまり、アタックを逃がしては行けないコースでした。

会場へ着くとみんなが声をかけてくれてとても嬉しかった笑

チームメイトと合流しアップを済ませスタートラインへ。

久しぶりのスタートラインは少し新鮮でいつもと違う景色のように感じました。

そんなこんなでスタート。

スタートして1周目は恒例の牽制モード。

いつもなら我慢出来ずにアタックを仕掛けてしまうが「俺は今年から変わるぞ」と言い聞かせて集団内で我慢。

チームミーティングでは7〜8週目までは自分からは動かず集団内のアタックに反応しろと伝えられていました。

1周回完了直後にアタックがかかる。

4番手から抜け出しぴったりとマーク。

後ろとの差は10m程ですぐさま吸収。

さらに吸収後カウンターアタックが発生。

ここではマークするかどうか迷ったが一応マークすることに。

こんな感じの攻防が続き徐々に足がなくなっていく。

そして7周目に集団内が若干牽制に入ったタイミングでアタック!

するとさっきまで逃げを見送っていた集団が一気に活性化。

そのまま20秒ほど踏むと有力選手2人追いつき半周ほど逃げを試みるが集団に吸収。

その後もアタックを仕掛けるが上手く決まらず周回数を消化していく。

そして残り2周でチームメイトのマテオがアタック!

そして僕は先頭集団の2番手につきマークだけをすることに。

残り1周。

ここで1の選手がアタック。
この時、逃げのマテオは30mほど前で逃げていてマテオが逃げ出した人と2人で強調することに成功したため。
マテオに勝ちを預けようかとも思ったがここでまさかのつき切れ!!

これはまずい。

逃げてる1人はぐんぐん進んでいく。

一方集団は追う気0。

おいおい。。。

集団内からは「アレ!アレ!きり!!」
と急かされている。

これに従えば集団内の思うつぼにハマる訳だが残り1.5km地点で逃げの選手との差は80ほども離れている。
そしてマテオを吸収後集団からアタックがかかる。
これに反応し前との差を詰めていく。
最終コーナーを曲がり残り500mほどで先頭のやつが引かなくなりまたもや牽制モード。

これじゃ追いつかないぞ!!

と叫んでみるも集団はもちろん反応無し。

集団内もこの日本人が行くだろうと思っていたことだろう。

でも、ここで前を追わないと追いつかないと判断し全力でふむ。

残り200mほどからスプリントを開始するも見事に発射台になってしまい4位か5位ほどでフィニッシュした。

良かった点
前半は上手く集団の前で展開することが出来た。

積極的にレースを展開することが出来た。

改善点
本当に集団の思うツボにハマってしまった。

ほとんど全てのアタックに反応したものの今回優勝した選手のアタックに躊躇して反応しなかったこと。

レースを終え考えることが沢山あった。
なぜ、あの大事な場面で躊躇して反応しなかったのか。
どのようにしたら勝てたのか。
やはりレースに出ないと分からないことだらけでした。
前で展開する力はあるもののレースで勝つ動きはまだまだフランス人の方が上手だったように感じます。
しかし、今回のレースでは改善点が明確だったため今後のレースに活かしていきたいと思います!
また、久々のレースでとにかく楽しく自分としてはとても良い感じに身体が動いていると思います!
次のレースはかなり大きいレースだそうです!
気合いを入れて頑張っていきます!
応援よろしく応援よろしくお願いします!


チャレンジ・メッセージ
ツール・ド・フランス 日本人初の総合優勝!
もっと見る
簡単なステップで
今すぐ支援!
※任意の金額を入力して下さい。
  • 1 回
  • 毎月
  • 1050以上の支援で

    Athlete Yell 上にお名前またはニックネーム記載

スポンサーメリット一覧 ≫





ご利用の皆様へ

アスリートの皆様へ

企業の皆様へ

■サポート企業様
株式会社ケイズグループ   株式会社アスリートプランニング   株式会社マルタカ・パルス   株式会社フィートインデザイン

athlete yell

Copyright (C) 2012 Athlete Yell All Rights Reserved.