athlete yell

アスリートの競技生活をサポートする「オンライン後援会」

  • ログイン
  • 新規会員登録
  • ヘルプ
生年月日 : 1981年10月17日
身長・体重 : 167cm/58kg
出身 : 東京都昭島市
競技 : ハンググライダー
所属 : ウインドスポーツ、かもたま
プロフィール | 戦績

ファン数:104


ハンググライダーの魅力を伝えたい


活動情報

ニュース世界選手権2日目 2017-08-11 21:13

世界選手権2日目。
 
初日がほぼ点数無しだったので、テイクオフが最後。(アーリーバードもGetできず)
風がサイドだったりでなかなか選手150人が掃けていかない。
 
僕が出る頃には一回目のスタート時間13:30の10分前。
最初のサーマルを上げ切る途中でスタート時間。
仕方なく2回目のスタートを待つ。
2回目スタートする選手はほぼいないので、サーマルサーチも上手くいかず、低い高度でのスタート。
 
それでも「1回目スタートの選手に追いつけばタイムは有利」と言い聞かせ、スピードを上げる。
調子良く第2ターンポイントを取るもその後にスタック。
なんとか上げ切るもその後は一人旅。
 
上昇率+2m/sのサーマルを使いながら進むも、もっと強いサーマルを使わないと追いつけない。
とはいえ、50㎞南にある第2ターンポイントまで向かい風なので、無理をするとすぐ降りてしまう。
やはり強いサーマルを見つけるには集団で動かないと効率が悪い。
 
第3ターンポイントを取る頃にはすでに夕方の空気。
サーマルも弱いものしか残っていない。
 
コロンビアのDanielと一緒に高度3200mまで上げ、残り35㎞のゴールへ向かう。
途中弱いサーマルで少し高度を稼ぐもそんなに上がらない。
渋々ゴールに進む。
残り27㎞、対地高度1800m、必要滑空比は1/15。
追い風なので届くかもしれないが、かなり微妙。
 
できるだけ高度をロスしないようにグライドをする。
シンク帯(下降気流の空域)に捕まらないよう祈りながら20分。
 
ブラジリアの湖を超え、首都郊外の市街地を超え、ビルをすり抜け、ようやくゴール。
選手の中で一番最後のゴール。
2回目スタートでゴールしたのは僕とDanielだけらしい。
 
 
疲れた。。。
トランプゲームで大貧民が富豪に這い上がるにはかなり難しいが、まさにそんな感じ。
イレブンバックも、革命もないし。。。
 
明日はアーリーバード(下位の選手がリスクを負う代わりに最初にテイクオフできるルール)が当選したので、まともに戦えそうです。
 

チャレンジ・メッセージ
世界選手権でメダル獲得!そして、ハンググライダーをメジャースポーツに!
もっと見る
簡単なステップで
今すぐ支援!
※任意の金額を入力して下さい。
  • 1 回
  • 毎月
  • 1050以上の支援で

    お名前記載

  • 2100以上の支援で

    空からの景色写真をプレゼント

  • 5250以上の支援で

    空のフォトアルバムをプレゼント

  • 52500以上の支援で

    ハンググライダー浮遊体験

スポンサーメリット一覧 ≫





ご利用の皆様へ

アスリートの皆様へ

企業の皆様へ

■サポート企業様
株式会社アスリートプランニング   株式会社マルタカ・パルス   一般社団法人 疲労回復協会   株式会社フィートインデザイン

athlete yell

Copyright (C) 2012 Athlete Yell All Rights Reserved.