athlete yell

アスリートの競技生活をサポートする「オンライン後援会」

  • ログイン
  • 新規会員登録
  • ヘルプ
生年月日 : 1985年12月20日
身長・体重 : 180cm/66kg
出身 : 奈良県
競技 : サイドカーレース
所属 : 日本レーシングサイドカー協会/teamOZEKI/teamTRS
プロフィール | 戦績

ファン数:13



活動情報

ニュース2戦連続pole to win! 2020-07-29 10:21

7月26日MCFAJ CLUBMAN ROADRACE 第3戦が筑波サーキットで行われ、約5ヶ月ぶりにF1/F2クラスのレースが開催されました。
 
悪天候やスケジュールの都合などで4月に茂原ツインサーキットで撮影走行して以来の走行となってしまったので少々不安も感じながらレース当日を迎えました。

予選は前日から強めの雨が続いており完全なウエット、コースの一部には大きな水溜やコースを横切る川が出現しており非常に滑りやすい状態で、スピンもありましたが1位で終えることが出来ました。


経験不足の我々のためにアドバイザーとして昨年までペアを組んでいた大関選手が駆けつけ、的確な助言をいただいたのでそれを実践すべく決勝レースに挑みました。


サイドカークラス決勝直前にはレコードラインはドライ寄りのハーフウエット、タイヤは迷わずスリックを選択。しかしグリッドに着く頃には再び雨が少しずつ降り始め、ウォームアップラップ中にも確実に強くなってきました。
 
全車スリックなので条件は同じ、覚悟を決めて攻めるしかありません。
スタートはレコードラインの内側のしっかり濡れたグリッドなので1コーナー手前までホイールスピンしながらもホールショットは死守。
 
ギアが何速でも気を抜くとホイールスピンしてしまうような路面です。 

どんどん路面状況は悪くなりタイヤも冷え、5周目の1コーナーではついにスピンを喫してしまいました。ですが後続を大幅に引き離していたため落ち着いてコースに復帰、ペースは落としましたが2位を20秒以上引き離して無事にチェッカーを受けることが出来ました。

今回も結果はPole to Winですが、とにかく難しいコンディションで大いに悩み、嬉しさよりは沢山の課題を感じるレースとなりました。
 
 
最終戦では悪天候にも関わらず応援に駆けつけてくれた仲間やスポンサー様のためにも清々しく良い内容のレースをしたいところです。

■Youtubeに今回のオンボード映像をUPいたしました。
https://youtu.be/oY-Ce9Qxhks


チャレンジ・メッセージ
国内サーキットのコースレコード更新、海外レースへのスポット参戦、サイドカー競技の普及
もっと見る
簡単なステップで
今すぐ支援!
※任意の金額を入力して下さい。
  • 1 回
  • 毎月
スポンサーメリット一覧 ≫





ご利用の皆様へ

アスリートの皆様へ

企業の皆様へ

■サポート企業様
株式会社ケイズグループ   株式会社アスリートプランニング   株式会社マルタカ・パルス   株式会社フィートインデザイン

athlete yell

Copyright (C) 2012 Athlete Yell All Rights Reserved.